Author Archive: Aya Kobayashi

SMILE Vol. 17 October 20, 2018 (H30)

Fall is in full swing. It’s a Halloween season!

Halloween on October 31 has been showing excitement in Japan for the past few years. In Japan, “Halloween” may be reminded of Halloween costume and parade rather than the origin of Halloween. Halloween is an event that celebrates the harvest of autumn and kicks out evil spirits. When the spirit of the deceased visited the family members, they wore masks and dressed up to protect themselves from spirits and witches coming at the same time. From these practice, children nowadays are dressed up and started trick or treat.
In Japan, there is a similar event during the Bon, such as a “grave festival”, in which all residents in a region prepare the Bon festival, and families welcome the spirits of the ancestors and visit the grave.
It is also similar to the Setsubun, where we decorate holly leaves and sardines at the entrance of home to drive away the demons, and the Full Moon Night, where we celebrate the harvest and children walk with sweets. In Mexico, where I had worked before, there is a custom that they decorate the grave with a huge decoration, greet the deceased family members and friends, and have bright and fun time with the dead. Although religious meaning and historical background of the events in the fall season are different among countries, it seems to be common that they talk about memorable memories of their ancestors and appreciate the harvest in fall.
At Halloween, children in our neighborhood seem to come seeking treats. How do we prepare and welcome children? I’m very excited to have Halloween.

すまいる17号 平成30(2018)10月20日

深まる秋 『ハロウィン』に街が染まります!

日本でもここ数年盛り上がりを見せている10月31日の「Halloween」ハロウィン。ただ、日本ではハロウィンというと仮装・コスプレのパレードといった印象で、本来の意味は薄いようです。調べてみると、ハロウィンはもともと秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事。死者の霊が家族のもとを訪ねてくる時に、同時にやってくる精霊や魔女から身を守るために仮面をかぶったり変装したりしたことから、子どもたちが変装してお菓子をねだる現在の形に変化していったそうです。
日本にもお盆の時期に「墓祭り」として地域総出でお盆の準備をしたり、家族で先祖の霊を迎えお墓参りをするという同じような行事がありますね。また、節分の日にヒイラギの葉や鰯を玄関に飾って鬼を追い払ったり、十五夜のお月見で収穫を祝い子どもたちがお菓子をもらって歩く風習とも似ていますね。わたしが以前赴任していたメキシコでも、「死者の日」にはお墓や祭壇に盛大な飾りつけをして家族や友人が死者を迎え、死者とともに明るく楽しく過ごす風習があります。宗教的な意味や歴史的背景はそれぞれの国で違うのでしょうが、ご先祖様を偲び、なつかしく思い出を語り合う、そして収穫を祝い感謝する思いは共通なのだなと感じます。
さて、ハロウィンには我が家の近所の子どもたちもお菓子を求めてやって来るようです。どんな準備をして子どもたちを迎えましょうか。今からとても楽しみです。

SMILE Vol. 16 October 13, 2018 (H30)

“Fall is the season for art & culture” Let our children shine!

When I take a walk around my neighborhood, I spot red and yellow colors among the green leaves. The height of autumn is approaching. Pumpkins and Halloween ornaments at the entrance of houses are also adding beautiful colors to this season. At JLSP, from now through November, various events will be held by each schools/divisions and courses. Students will show off their study progress at those occasions.
Schedule of the events:
Kindergarten: 11/17/18 (Sat): “Birthday Celebration/Fall Music Concert”
Elementary School: 11/10/18 (Sat): “Fall Study Festival”
Middle School: 10/20/18 (Sat): “Fall Cultural Festival”
High School: 11/17/18 (Sat): “Ko-shien Debating Contest”
Keisho Course: 11/3/18 (Sat): “Autumn Culture Festival”
In the past, all schools/divisions and courses had gathered together and participated in one annual school play around this time of the year. However, last year, we started to have separate events by each schools/divisions and courses. It will be a good occasion for each of them to introduce Japanese culture and experience, or to present their studies that they have been working on. Moreover, this will be a great opportunity for students to improve how to express themselves, as well as for students to respect and learn from each other. You are welcome to observe any event. Please support your children in their preparation, and cheer for them. Details for the events are yet to be announced. Please pay attention to the correspondence from your children’s homeroom teachers.

すまいる16号 平成30(2018)10月13日

『芸術・文化の秋』主役の子どもたちが輝きます!

自宅の近くの通りを歩くと、木々の緑の中に赤色や黄色に染まった葉も見られるようになり、秋本番を感じる今日この頃です。家々の入り口付近に飾られているハロウィンの大小様々なカボチャや人形たちが秋に彩りを添えてくれているようです。
さて補習校では、これから11月にかけてそれぞれの学部・コースで学習の成果を披露する発表会を行います。
今日は、その日程等をお知らせします。
      学部・コース      日  時         内  容

幼 稚 部      11月17日(土)      「お誕生会・秋の音楽会」
小 学 部      11月10日(土)      「秋の学びの祭典」
中 学 部      10月20日(土)      「秋の文化祭」
高 等 部      11月17日(土)      「ディベート甲子園」
継承日本語コース 11月 3日(土)      「秋の文化まつり」

 

以前は全校での学芸会でしたが、昨年から各学部・コース毎の発表会となりました。それぞれ、日本の文化紹介や文化体験、日頃の学習の成果を発表する内容となっており、現在趣向を凝らした内容で計画・練習しています。発表会は一人一人が表現力を高め、また仲間同士お互いに認め合い高め合う大切な機会です。どの学部・コースもご自由にご覧いただけます。子どもたちの頑張る姿にご期待いただき、応援をよろしくお願いいたします。発表内容の詳細はそれぞれの発表会前にお知らせいたします。各担任からのお便りもお読みください。
皆様のご来校をお待ちしております。

SMILE Vol. 15 October 6, 2018 (H30)

“Wondering why” and keeping your curiosity are important!

This year’s Nobel Prize winners for Physiology/Medicine were announced on October 1st. The recipients were Dr. Tasuku Honjo from Kyoto University, Japan and Dr. James Allison from MD Anderson Cancer Center, Texas. The two of them independently discovered proteins that act as brakes of the immune system and found that pharmacologically blocking these molecules allows the immune system to fight cancer. The drug “Optivo”, which uses this mechanism, was first approved in Japan in 2014 and is now approved in over 60 countries to treat cancer.
In his interview, Dr. Honjo states that his motto in research is “Curiosity drives what I want to know”. In an interview performed 30 years ago, he stated that “by figuring out how biology works, I want to find ways to cure cancer and other incurable diseases”. Now, he has accomplished this dream by curing cancer using the immune system. He tells students aspirating to become scientists, “Observe with your own eyes. Think with your own brain. Don’t quit until you’re satisfied and never give up.”
Dr. Honjo’s words reinforce the importance of maintaining an inquisitive mind, keeping a positive attitude, and accomplishing tasks until satisfied. Regardless of age, I felt even more compelled to maintain my curiosity and inquiry, and listen to the insatiable curiosity of the students.

すまいる15号 平成30(2018)10月6日

『不思議だな』『どうしてかな』というつぶやきを大切に!

10月1日、今年のノーベル医学生理学賞が発表され、京都大学の特別教授 本庶 佑(ほんじょ たすく)氏とアメリカテキサスMDアンダーソンがんセンターの教授 ジェームズ アリソン氏が受賞されました。
お二人は、免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質を発見、解明することで新しいタイプの「がん免疫療法」を実現、がん治療に革命をもたらしたという功績が認められての受賞でした。「オプジーボ」と呼ばれる新薬は、2014年に日本で初めて承認され、現在では60ヶ国以上で承認されているということです。
本庶氏は、受賞のインタビューの中で、自分の研究のモットーは「自分は何が知りたいかという好奇心だ」と述べています。30数年以上も前のインタビューでの「命の仕組みを明らかにして、がんや難病、免疫患者のの診断、治療に結びつけい」との言葉のとおり、本庶氏は長年に渡り研究を続け「免疫でがんを治す」というがん治療第4の道を拓いたのです。研究者を志す子どもたちへは「自分の目でものを見る。自分の頭で考える。そして納得するまでやる。そこまで諦めないこと。」をメッセージとして伝えています。
今回の本庶氏の言葉は、自分の知らないことや疑問に思うことを追求し解明しようとする探究心をもつこと、何事も自分の力で前向きに納得できるまで取り組むことの大切さを改めて考える機会となりました。年齢にとらわれず好奇心・探究心をもち続けることを忘れず、子どもたちの「不思議だな」「どうしてかな」という日々のつぶやきや真剣な眼差しにもしっかりと心を寄せていきたいと思いました。