補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

1962096_865623150134805_7043438095157984206_o

ようこそ、フィラデルフィア日本語補習授業校へ。

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる5号 平成29(2017)年4月29日

アースデー(地球の日)
通勤途中に「アースデー」と書いた小さな看板を見つけて調べてみました。
「アースデー」は地球の日とされ、地球環境を守るために、世界的な規模で市民が行動を起こす日です。
深刻な地球環境への警鐘と地球環境保護への運動を推進するため、米国ウィスコンシン州選出の『ゲイロード・ネルソン上院議員』が、1970年4月22日をアースデーにすると宣言しました。
私たちの住んでいる地球が、出来上がったのは46億年前です。46億年を1年に置き換えてみますと、人類発生は、大晦日の新年を迎えるという一瞬です。そこからまた、ほんのほんの瞬きもない時間の中で、人類は文明を発達させましたが、一方では地球が築いてきた私たちの原点である地球の環境を破壊しています。
環境保全というテーマは大きいですが、身近なところからできることはきっとあるはずです。

すまいる4号 平成29(2017)年4月22日

実践・実行が自分をつくる!
親・教師は子どもたちに「あなたは、やればできるのに、どうしてやらないの」と叱ったり、「やればできる。がんばりなさい」と励ましたりします。「やる」ことが「できる」ことにつながることは確かです。しかし何でも「できる」とは限りません。これは確実ですが、「何かをやれば、それによってその何かができる力」は身についてきます。「やれば力はついてくる」のです。したがって、「何をやるか、がんばるか」が問題と思います。
自転車に乗り始めた頃、生まれつき自転車に乗れる力があったのではないと思います。『乗ろう!乗りたい!』と思って、転んだりぶつかったりしながら練習したからこそ、乗る力ができたのでしょう。
このことはどんなことでも同じです。プロの野球選手、サッカー選手、ピアニストにしても、「上手になりたい」思いで、何度も何度も練習して、だんだん力が出てくるのです。勉強もきっと同じですよ。

すまいる3号 平成29(2017)年4月15日

自ら友になる!

新学期のこの時期は、学年学級が変り、先生も変わり、学級の友だちを変わり、早くお互いに知り合い仲良くなることがねらいです。
補習授業校生活を充実させ楽しい場所にする要因に、どんな友だち関係の中で過ごすかがあります。喜びにつけ、悩んだり不安になるにつけ、相談する相手は、友だちと答える人も多いと思います。青年期の自我に目覚めるころの友だちは、生涯続く友だちになるともいわれます。親しい友だちとの交流は何より大切ですが、一方でできるだけ多くの友だちを得ること、友情の和を広げることも大切なことです。

英国の批評家エマーソンの言葉に「友を得るただ唯一の方法は、自らその友となることである」というものがあります。さらに、「人は出会いによって知人になり、付き合いによって友人となり、助け合って仲間になる」とも言っています。両方とも味わい深い言葉です。

すまいる2号 平成29(2017)年4月9日

わくわくドキドキの新学期の始まり!

いよいよ本格的に補習校での授業が始まります。新しい教室において、新しい教科書を使って、新しい先生・友達と学級生活、学習が始まります。新ずくめで「わくわく」期待もしますが、何分先生の授業の進め方、友達の言動も分かりませんので、5月中旬頃までは、子どもには何かと「ドキドキ」の不安の連続と思います。
また、1学年ずつ進級しましたので「1学年上のお兄さん、お姉さんらしさ」を要求しがちです。新学年は始まったばかりで、4月当初は前学年のままです。進級学年の学習や生活を1年間かけて行うことで、その学年にふさわしい物の見方・考え方ができるようになってきます。今は過大な要求はせずに、慣れない新学年へ生活や学習にスムーズな適応できますよう、ご家庭でもサポートをお願いします。併せて、環境の変化に心身とも疲れますので、健康面でもご留意ください。

すまいる1号平成29(2017)4月1日号

入園・入学 進級おめでとう!

入園・入学おめでとう!進級おめでとう!
入園・入学の新しい仲間を迎え、学校は活気に満ち溢れているようです。それぞれが進学進級して希望に胸を膨らませ、やる気に満ち溢れて新学期のスタートを切ったことと思います。クラスも先生も学ぶ場も変わる中で、少し不安な気持ちがあるかも知れませんが、学年の節目は自分自身を変えるチャンスです。みなさん一人ひとりが新しい扉を開けで、一歩でも半歩でも前に踏み出し、人と出会い、新たな学び、いろいろな体験を重ねて実りの多い1年してほしいです。

Smile News Letter

SMILE Vol.5 April 29, 2017 (H29)

Earth Day

I saw a small sign for “Earth Day” on my way to work, so I looked into it.
“Earth Day” is considered as “the day of the planet earth,” when the people take action in order to protect the environment worldwide. The United States Senator from Wisconsin, Gaylord Nelson made a declaration on April 22, 1970 about the severe ecological problems of the earth, and promoted activities to protect the environment.
The earth, where we live, was born 4,600,000,000 years ago. If I put 4 billion and 600 million years as 1 year, the era of human beings is equivalent to the moment of New Year’s Eve turning into the New Year. Since then, we have developed our cultures within a second, or the blink of an eye, and we have destroyed the natural environment, which is supposed to be our base.
Protecting the natural environment is the big theme of Earth Day, but I believe there are small things we can do in our own lives.

SMILE Vol.4 April 22, 2017 (H29)

Practice and execution build up your strength!

Parents and teachers encourage their children. They say “Why can’t you do it? You will surely accomplish what you set out to do, if you work harder.”, or “You can do it, if you keep trying.” It is certain that the “keep doing” mentality will lead to accomplishing what they set out to do. However, realistically not everything is possible. Effort will pay off but the important thing is that you do your best for what you want to accomplish.
When you started riding a bicycle, you had a strong will to accomplish it. You didn’t have the ability to do that by nature. You practiced, even falling down and getting bruised, Those efforts will eventually lead to success of bike riding.
This is the same for everything in life. Even if it is a professional baseball player, a soccer player or a pianist, they make their best effort. They are practicing over and over and gradually they will be successful in an endeavor. Studying to excel in academics will definitely be the same.

SMILE Vol.3 April 15, 2017 (H29)

To have a friend is to be one!

At this time of the new semester, new grades, new teachers and new classmates, the key is to make new friends and get to know each other early on.

To have a fun school year, it is very important to have close friends. They will comfort you not only in happiness, but also help you get through the difficult times. It is said that friends who are there for you in trying times will become lifelong friends. It is important to have a few close friends but on the other hand it is also important to get as many friends as possible and broaden the sum of friendship.

British critic Emerson’s wrote “The only way to have a friend is to be one.” Furthermore, he says, “People become acquaintances by meeting, become friends by spending time and become companions by helping each other.” Both are meaningful expressions.

SMILE Vol.2 April9, 2017 (H29)

Welcome to an Exciting New Schoolyear !

Our new schoolyear has begun. Start with new class room, new textbook, new teacher and friends. The beginning of new schoolyear should be an exciting time, but it can be stressful for students in many reasons.
Although every student moved up one grade, April is just a beginning. We have a tendency to students suppose behave better than last school year. All students have a whole year for grow up to be who they supposed to. Please be patient and support your child become comfortable in the new grade.

SMILE Vol.1 April1, 2017 (H29)

Congratulations! Welcome back!

The school is in a cheerful spirit for welcoming new students. I trust you had a great start of the year full of hope and motivation. The change of classrooms and teachers might make you feel uncomfortable, but the beginning of the year is a great opportunity to welcome change. I hope each of you takes steps at your own pace to meet new people, learn new things, and share new experiences.