補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる24号 平成30(2018)12月15日

2018年はいかがでしたか?よい年をお迎えください!

早いもので今年も残すところあと16日となりました。月並みですが月日の経つのは本当に早いですね。年を重ねるにつれ、そう強く思うようになってきました。さて、皆様にとって今年はどんな年でしたか。お子様の成長やご家族の楽しい出来事、大変なこともあったかもしれません。年末になると日本では毎年恒例の“流行語大賞”が発表されます。その年多くの人々の話題にのぼった言葉を選ぶものです。今年の大賞は、平昌オリンピックでカーリング女子日本代表チームが試合中に交わした言葉「そだねー」でした。また、その年の世相を表す漢字一字を選ぶ「今年の漢字」も12月12日に京都の清水寺で発表されました。このように、この時期になると大きなニュースや出来事、「流行語」、「漢字」などで1年を振り返ることが多いのですが、今年は特別に1年というくくりではなく「平成」という一つの大きな時代を振り返る話題が多くなっています。平成の30年は大きな自然災害、原発事故、進む少子高齢化社会も大きな話題となりました。日本では2019年4月30日に「平成」という一つの時代が終わろうとしています。そして、翌5月1日から新年号へ移行し新しい時代が始まります。ちなみに2019年の干支(えと)は亥年(いのししどし)です。干支は日本だけのものではなく、世界には日本の十二支とは別の動物の十二支を使っている国があるそうです。2019年が紛争や災害のない穏やかで平和な一年となることを願うばかりです。皆様、今年一年間本補習校の教育活動へのご理解とご協力、ご支援誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。2019年もどうぞよろしくお願いいたします。 よいお年をお迎えください。

すまいる23号 平成30(2018)12月8日

様々な環境の変化に適応する力を育む!

“異常気象”という言葉を最近よく聞きますね。“異常気象”とは「過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候」と定義されています。(気象庁) 冷夏や暖冬、猛暑、大型台風・ハリケーンの上陸や洪水の発生など地球規模で各国の異常気象とそれによる甚大な被害が報告されています。
今、日本はまさに“異常気象”の真っ只中。12月なのに各地で25℃以上の夏日を記録しています。この後一週間以内に気温は夏日から真冬へと急降下、積雪なども予想されています。アメリカでも猛暑や寒波、大型ハリケーン、洪水、高温や乾燥による森林火災などが頻発しています。異常気象は地球温暖化や環境問題などと密接な関係があるとされ、私たちの暮らしや健康、環境や産業などに深刻な影響をもたらしています。私たちの暮らしを守り、ひいてはこの地球を守るために私たちにできることを、少しずつでも行動に移さなければと思います。
日々の暮らしの中での大きな寒暖の差は、人々の体にも大きな負担をかけています。自律神経のバランスがくずれることでウィルスに感染しやすくなり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるそうです。まず、だるさや目まいなど疲れている時の症状が出ることが多いとのこと。この時期は特に十分な睡眠とバランスのとれた食事で体力の温存を図ることが必要という医師の話を毎日の暮らしに役立てたいと思います。

すまいる22号 平成30(2018)12月1日

早くも師走 一年の締めくくりをしっかりと!

先週は“Thanksgiving Day”休日が続きましたね。家族や親せきが集まり「食」や「健康」に感謝しみんなで食卓を囲む大切な祝日。皆様もいそがしくも楽しい休日を過ごされたのではないでしょうか。
私は、“Thanksgiving Day”のことは知っていましたが、“Black Friday”や“Cyber Monday”のことはこちらのTVニュースで初めて知りました。Black Fridayの映像を観ていると、日本の“初売り”の様子ととてもよく似ています。“初売り”は大晦日から年が明け新年の最初の店の営業日から始まるバーゲンセールのことです。
“初売り”では、通常の値段のものが半額以上安くなることも多く、たくさんの人が押し寄せますが、なんといっても人々のお目当ては“福袋”です。福袋の値段の数倍のものが中に入っているのでみんな初売りの前日から店頭に並び外で夜を明かします。福袋の中に何が入っているかわからないワクワク感と安売りのお得感はまるでその年の運勢を占うかのようです。Black Fridayから始まるクリスマス商戦とともにクリスマスを待ち、初売りで新年を迎え春を待つ・・・ともにそれぞれの国の文化や行事と結びつく大切な習慣となっているようですね。
さて、今日からいよいよ12月です。日本では「師走」(しわす)と言い、師=お坊さんがお経を唱えるために走り回る師走、年が果てるの意味から年果つ→としはつ→しはす→しわす などいろいろな説があるようです。
いずれにせよ、あっという間に年末を迎えそうですね。しっかりと一年の締めくくりができるよう計画を立て落ち着いて過ごしたいものです。寒さも厳しくなります。風邪等にも十分気を付けましょう。

すまいる21号 平成30(2018)11月17日

事務所がフレンズ校内へ移転 心新たに!

ひと雨ごとに確かに冬へと向かっていることを感じる今日この頃、美しかった木々の葉もすっかり落葉してしまいました。さて、フィラデルフィア日本語補習授業校(JLSP)事務所は、11月19日(月)に21年間を過ごした現在の場所から移転いたします。事務所ではJLSPの全てを担う業務を平日3名の職員で行っています。
教育課程の編成、教材の手配、文部科学省や各種団体との連絡調整等業務は多岐に渡ります。パソコン関係や全学年の教材、これまでの関係書類の全てもこの事務所で保管しており、まさにここはJLSPの心臓部です。その大切な大荷物の移転先は、借用校であるフレンズ校の一室です。フレンズ校には多くの教材等は置くことができないため、授業日には事務所から荷物等を運びまた片付けておりましたが、これからは教材等の準備や配布物の印刷、突発的な出来事への対処などがよりスムーズにスピーディにできることが期待できます。
JLSPは今から46年前の1972年に開校いたしました。今のフレンズ校に移転したのは開校から17年後の1989年のことです。フレンズ校は日本の教育者である新渡戸稲造や津田梅子、細菌学者である野口英世ら多くの偉人たちが通っていた場所として知られていますが、日本とのすばらしい交流の歴史をもつフレンズ校を今日までの長い間借用できているのも多くの方々のご尽力とフレンズ校のご厚意のおかげです。
今回の事務所移転を機に、開校からこれまでお世話になった方々の熱い思いに応えるためにも、今一度原点に戻り心新たに教育活動に邁進してまいります。どうぞ新事務所へもお気軽にお立ち寄りください。

すまいる20号 平成30(2018)11月10日

サマータイム終了 時間の大切さを再認識!

11月4日(日)の深夜2時にサマータイムが終了しましたね。時計の針を1時間戻すという経験は私にとって18年前のメキシコでの生活以来、久しぶりの不思議な感覚でした。4日午前2時終了とはわかっておらずちょうどその頃私は日本にいる息子の第一子(私の二人目の孫)誕生を祝って携帯で息子と話をしていました。会話の終わりに「そっちは何時?こっちは……」「時差は~」という話をしてふと近くのデジタル時計を見ると携帯電話と違う時刻表示に「えっ?!?!」。それから家中の時計を見て回りテレビをつけたり番組表と見比べたりして益々頭は大混乱。「いったい今は何時なんだー?!」と頭を抱えベッドに入りました。サマータイム終了に気づいたのは朝になってからでした。1時間の違いはとても大きく、その日は一日が長くゆっくりと過ぎたような気がしました。ちなみに時間に関する言葉に“時は金なり”があります。時はお金と同じように貴重なものだから有意義に過ごしましょうという意味ですね。アメリカ合衆国建国の父であるベンジャミン・フランクリンの言葉だそうです。また、日本には“秋の日は釣瓶(つるべ)落とし”という言葉があります。秋の日没の速さを井戸の中へ落ちる釣瓶(水をくむ桶)の速さに例えた言葉です。  
                            
日の出は遅くそしてあっという間に日が暮れてしまうこの時期、だれにでも平等な“時間”を大切に有意義に過ごしたいものですね。

Smile News Letter

SMILE Vol. 24 December 15, 2018 (H30)

How was your year 2018? Hope you have a wonderful New Year!

This year passed so quick we only have 16 days to go. The more years that pass, the more I feel time passes faster. Looking back, how was your 2018? It may have been filled with fun activities with family, might have been the year you marveled at your children’s’ growth, or might have been a challenging year. We usually find out the Keywords-of-the-Year at the end of year. The Keywords-of-the-Year are trendy or “fad” words of each year. “Sodane-(Right?)” was this year’s word that the Japanese Olympic curling team spoke each other during competition. Also, the Kanji (Chinese character)-of-the-Year was released on December 12th at Kiyomizu Temple in Kyoto. We tend to reflect on what happened around this time each year. As the Heisei period (Emperor’s reign) ends April 30th, 2019, many Japanese reflect, not only one year, but this 30 year era. Many key events have occurred including the 2011 Tsunami and nuclear disasters as well as an aging society with fewer children. As we welcome a new era on May 1, 2019, I pray this coming year will bring peace in the world without war or disaster. Thank you for all of your contributions to the Japanese Language School of Philadelphia. Please continue your support and help your school. Happy New Year!

SMILE Vol. 23 December 8, 2018 (H30)

Foster the ability to adapt to changes in various environments!

I often hear the word “abnormal weather” recently. “Extreme weather” is defined as “a weather that shows a significant bias towards the climate of the past 30 years.” (Japan Meteorological Agency) Cool summer, warm winter, hot weather, landing of large typhoon · hurricane, occurrence of floods etc. Global nuisance abnormal weather and serious damage caused by each country are reported on the earth scale.
Right now, Japan is in the midst of “abnormal weather”. Even though it is December, I have recorded summer days above 25 ℃ in various places. Within one week after this time the temperature will shoot down from summer day to midwinter, snow cover etc is also expected. In the United States, hot and cold waves, large hurricanes, floods, forest fires caused by high temperature and drying are frequent. Extraordinary weather is said to be closely related to global warming and environmental problems and has seriously affected our lives, health, environment and industry. I think that we should move our actions little by little to protect our lives and eventually to protect this earth
The big difference between cold and warm in our daily lives places a heavy burden on people’s bodies. The autonomic nervous balance is lost, it becomes easy to infect virus, it seems to be more likely to catch colds and flu. First of all, symptoms often appear when you are tired such as dullness and dizziness. I would like to use this doctor’s story, which is necessary to preserve physical strength with sufficient sleep and well-balanced diet for everyday life.

SMILE Vol. 22 December 1, 2018 (H30)

It is already “Shiwasu” (Busy time of the year, December). Let’s close the year properly!

The last week was Thanks Giving Holiday. It was an important holiday that you get together with your family and appreciate “Food” and “Health”. I assumed that you also had busy holiday. I knew about Thanks Giving but I didn’t know about “Black Friday and “Cyber Monday”. When I watched TV about “Black Friday”, it reminded me the Japanese “Hatsu-Uri”. “Hatsu-Uri” is bargain sale that happens from New Year eve to New Year. During “Hatsu-Uri”, some of the items are half price and many people shop but the targeted item is “Fukubukuro”. In this bag, you will often find goods that are so much more than the price of the bag. Shoppers make lines before New Year for “Fukubukuro”. It seems like it will tell you this year’s fortune because you are excited not knowing what are inside and also saving you get. The Christmas sale starts from Black Friday and wait for the Christmas. We wait for spring with “Hatsu-Uri.” Both are important culture for US and Japan. Today is already December. December has another name, “Shiwasu” in Japan. “Shi” refers monks and they are busy preparing for the many events at the year of year. It is said that it comes from the phrase “toshi hatsuru “(the year comes to an end) that then turned into “shi hatsu”. Then it turned into “Shiwasu”. Anyhow we will close the year quickly. We should plan well and close the year properly while we can spend time calmly. It is getting colder, let’s be careful of getting cold.

SMILE Vol. 21 November 17, 2018 (H30)

A new beginning! Our office is moving into the Friends’ Central School

Just when we were enjoying the beautiful leaves of autumn, winter has set upon us very quickly. In good news, the JLSP office will be moving on November 19th (Monday) after 21 years in our current location. During the weekday, 3 staff members conduct all business related to the school at this office. From creation and distribution of class materials to coordination with the Ministry of Education, the office has many responsibilities. We also store all computer related items and historical documents in this office. Truly the heart of the school! All this important material will be transported to a room within the Friends’ Central School, which will lessen the need to move materials back and forth between the office and the school. We believe we can service you even better with smoother and faster preparation and creation of class materials. JLSP opened 42 years ago in 1972. We moved to the current Friends’ Central School in 1989, 17 years after our opening. The Friends school is renowned for having been the home to famous Japanese educators like Inazo Nitabe and Umeko Tsuda as well as bacteriologist Hideyo Noguchi. We believe our long-lasting relationship with the Friends’ Central School is thanks to many supporters and the Friends’ Central School itself, which has a deep and rich history with Japan. With the move of our office, we want to take the time to express our deep appreciation for all our supporters, and double our efforts in providing the best educational experience. Please come visit our new office!

SMILE Vol. 20 November 10, 2018 (H30)

Summer Time Has Ended, Reassure the importance of the time, (to make the most of time)!

Summer time was ended on Nov 4th (Sun). The last time I turned the clock back an hour was 18 years ago when I was in Mexico and it was a very interesting feeling. I actually did not know it ended at 2 o’clock in the morning on the 4th. I was talking to my son’s son (my second grandson) on the phone wishing him a happy birthday at the time. At the end of conversation, we said “what time is it..” “time difference is…” and I looked the digital clock. It was different from my cell phone clock and I said “what is going on…!?”. I looked at the clocks around the house, turned the TV on, and compared the TV programs. The more I looked, the more I was confused. “What time is it actually!?” Holding my head, I went to bed. It was in the morning I realized the summer time ended. One hour makes a huge difference. I felt that day went very calm. “Time is Money” is one of the sayings that describes time. This means that time is valuable as much as money, so spend time meaningfully. This quote was by the United States founding Father, Benjamin Franklin. In Japan, we have “autumn sun sets as quick as a bucket dropping into a well”, describing how quick autumn sunset is.

Slow sun-rises and quick sun-set, we all have same hours a day. I hope you use the time wisely.