補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる8号平成30(2018)8月18日

62日間の夏休みが終了 気持ち新たに!

6月16日発行の「スマイル」第7号で「2ヶ月後の成長した姿に期待します!」と書きましたが、あれから
あっという間に62日間が過ぎました。この間、日本では西日本豪雨災害が発生したり、続けての台風上陸による被害発生、生命にかかわるほどの猛暑続きなど、自然の脅威(猛威)を感じざるを得ないニュースが毎日報道されました。日本のご家族やご親戚の方、お知り合いの方で被害に遭われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。心よりお見舞い申し上げます。
ここフィラデルフィアでも、数日前にはスマートフォンで大雨警報発令の警告音が数回鳴り響き、大雨の被害が数か所で発生しました。皆様のお住いの所はいかがだったでしょうか?
さて、長かった夏休みが終わり、フレンズ校にまた子どもたちの歓声が戻ってきました。この夏休みは計画通りに過ごすことができましたか?、夏休み前に掲げた目標は達成できましたか?、健康第一、病気・けが等なく元気に過ごすことができましたか?、そして、夏休みの宿題は終えることができましたか? 多分、大丈夫でしょう。
たくさんの経験を積んで大きく成長した皆さん。これから2学期がスタートします。気持ちを引き締めて、また新たな目標達成を目指していろいろなことに積極的にチャレンジしてください。活躍を楽しみにしています。

すまいる7号平成30(2018)6月16日

2ヶ月後の成長した姿に期待します!

真っ青な空と輝く日射しに夏の到来を思わせる天気が続いています。さて、いよいよ明日から夏休みです。16日(土)の最終日には、多くの学級でお楽しみ会を兼ねて日本の伝統的な夏の催し「スイカ割り」が実施されます。
夏の風物詩として誰からも愛されているスイカ割り、保護者の方々にもたくさんの思い出がお有りではないでしょうか。さて、明日からの長い夏休み、体験学習や1学期に学習したことの振り返りも頑張ってほしいことですが、一番大切なことは事故やけがなどなく元気に毎日を過ごすことです。夏の厳しい暑さの中での水分補給、交通事故や水の事故等に十分気をつけていただき、8月18日(土)に子どもたちの元気な笑顔にまた会えるのを楽しみにしています。
保護者の皆様には1学期間いつも子どもたちを温かく見守っていただきありがとうございました。おかげさまで大きな事故等なく1学期を終えることができました。長い夏休み、子どもたちを支え励ましていただきますようどうぞよろしくお願いいたします。

すまいる6号平成30(2018)6月10日

夏休みは、『体験活動』で身も心も成長!

今日(10日)と16日の補習校での授業が終われば、待ちに待った「夏休み」の到来です。子どもたちの中には、もうすでに山や海、レジャー施設や海外へと気持ちが半分飛んでしまっている人もいるのではないでしょうか。
日本の夏休み期間が1ヶ月ほどであるのに対し、こちらでは約2倍の長期間の休みとなります。誰にとっても楽しみな夏休みですが、過ごし方の違いにより成果に大きな差が生じてしまうものです。だらだらと無計画に過ごすのではなく、一日の過ごし方や、2ヶ月の長期期間を通しての計画をしっかりと立て、特に、自然と触れ合う活動や、新しいスポーツに挑戦したり、ボランティア活動に参加したりなど、『体験活動』を多く経験してほしいと思います。自分の目で見、直に触れ、肌で感じたことは今後「生きる力」として身も心も成長させてくれるものです。エアコンの効いた家の中ばかりで過ごすのではなく、夏は外で汗をしっかりかきましょう。

すまいる5号平成30(2018)6月2日

『おかげさま』そして『ありがとう』運動会!

 3日前(5/23)までは、天気予報は「晴れ」マークで雨が降ることなどまったく頭の中にはありませんでした。日差しが強く高温の中での運動会開催となれば、暑さ対策、つまりは「熱中症」予防のことが唯一の気がかりでした。ところが、2日前(5/24)に天気予報は「雷雨」マークに変わりました。「エッ、嘘だろう」と何度も確認しましたが予報は変わりません。その後の対応は、皆様がご存知の通りとなりました。藤井理事長さんには、本校の代表者として、シマダジムの借用に関し、フレンズ校側とこと細かに連絡・調整、確認の作業をしていただきました。業務委員会執行部の皆様、行事部部長様、行事部運動会係、クラス係や多くの保護者の方々には計画・準備の段階から当日の臨機応変な対応まで快くご協力いただきました。多くの方々のおかげをもちまして運動会が盛会のうちに終了できましたことに深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
 子どもたちのはつらつと演技をする姿、歯を食いしばり一生懸命に走り抜ける姿、競技終了後の安堵感、達成感にあふれた笑顔に、スポーツの楽しさや運動会の意義を再認識できました。
 「春」に開催しようが、「秋」に開催しようが、運動会はずっと続けていきたい大切な行事ですね。

すまいる4号平成30(2018)5月26日

運動会は「春」それとも「秋」の行事?

私の子どもの頃は、運動会と言えば秋が定番。『スポーツの秋』を象徴する代表的な学校行事でした。秋は果物も豊富で、お昼の弁当開きの時は、柿、梨、ぶどう、栗などが食べられるのも楽しみの一つでした。朝の開催を告げる「爆竹」に始まり、最後の「万歳三唱」まで、一日中、わくわく、ドキドキ、の地域を挙げてのお祭りでした。
さて、最近はどうかというと「秋」よりも「春」に開催する学校が増えてきています。理由としては、受験に備え春に移行を決める中学校、高校が増えたことや、秋は残暑が厳しいこと、台風や長雨の心配があることなどです。春に開催する利点としては、特に5月は「五月晴れ」と言われるように晴れの日が多いことや、新学年が始まったばかりの時期に大きな行事を経験することで子どもたちは達成感を味わい、仲間意識が強くなることなどが挙げられます。さて、皆さんは「春開催派」、それとも「秋開催派」、ちなみに私は古い人間なのでどうしても「運動会=秋」のイメージを払拭しきれないでいます。
どちらにしても体を動かすことは楽しいですし、協力して一つのことを成し遂げることはとても有意義なことです。今年の運動会でも子どもたちは輝く姿を、そして、たくさんの「スマイル」を見せてくれることでしょう。

Smile News Letter

SMILE Vol. 8 August 18, 2018 (H30)

Sixty-Two Days of Summer Vacation Has Ended. Let’s Get a Fresh Start!

“Each student will grow and be more matured when you return to school in two months!” This is what I wrote in the last edition of “Smile (Vol. 7)” issued on June 16. During the summer, a number of life threatening disasters were reported almost everyday, including the torrential rain and landslides in western Japan, severe damages caused by one typhoon after another, extreme heat wave and record-breaking high temperatures in Japan, etc. My heartfelt sympathy goes out to those who were affected by these frightening events.
Even here in the Philadelphia area, our smartphones were continuously delivering flood warnings and emergency alerts these past few weeks. I hope all students and their families remained safe.
The long summer vacation is over, and laughters and giggle have returned to Friends’ Central. Did you have a productive summer? Were you able to achieve the goals you established prior to the summer? Did you have a healthy summer? And did you complete all homework? I bet everyone is fine.
The second semester is being started. I hope you are willing to continue to challenge yourself to accomplish your new goals. I look forward to seeing you grow further!

SMILE Vol. 7 June 16, 2018 (H30)

Looking forward to seeing you in two months!

It is getting warm these days and I can feel that summer is almost here. And do you know what that means? Yes! The summer break starts next week!! We will be having Suikawari, a watermelon splitting game, to celebrate the end of our first semester. We have to have it in the summer, right? I’m sure you had a lot of great memories of Suikawari when you were growing up in Japan. And in this long summer break it is a good time for the kids to spend time going back their books to review what they have learned so far the past couple of months. Also it is a great time to explore their interests and enjoy a lot of fun activities. But I want you to remember many accidents would happen in summer time. Thus please make sure your kids are being safe during this summer break and I’m looking forward to seeing them in two months! I’m sure they will experience many things and some of them might become bigger
and suddenly hard to recognize!

Also I would like to thank all of wonderful parents who’ve been helping this school. We had a great first semester which was very smooth, no issues or accidents so I really appreciate your generous support of the school and the children. I hope you and your family have an amazing summer and see you in mid-August!

SMILE Vol. 6 June 10, 2018 (H30)

Grow the Body and Soul with “Experiential Activity” Over the Summer Break


After the end of today’s (10th) and the classes on the 16th, our awaited summer break starts. Some children may already have their minds half away, with thoughts of the mountains, the beaches, recreation centers, or overseas.
The duration of the summer break in Japan is about a month, but here in the U.S., it is an extended break, about twice as long. Summer breaks are fun for everyone but depending on how one spends it, it can result in large differences in growth. Don’t drag the days with unscheduled time, and instead create schedules for daily routines and plan out the two-month long break. Especially, incorporate many “experiential activities” such as getting in touch with nature, trying out a new sport, or participating in a volunteer program. Matters that one witnesses, touches, and feels with the body gives us “strength to live” and nurtures our body and soul to grow. Don’t spend too long in the air-conditioned indoors but make sure to go outside and break a sweat.

SMILE Vol. 4 May 26, 2018 (H30)

A sports day should be held in fall or spring

In my childhood a sports day was held always at autumn. It was an event symbolic of autumn.
An autumn has a lot of fruits and we could eat persimmons, pears grapes and chestnuts at lunch time. It was a great fun. We had firecrackers at the beginning and the last “Hail Cheers”, all day long, exciting. It was a festival of the region.
Well, recently more schools are being held in spring than in autumn. The reason is that there are more junior high schools and high schools that decide the transition in spring in preparation for the exam. Summer is tough, they are worried about typhoons and rain. The advantages of the spring, especially in May, the children can have the experience of a sense of accomplishment and an achievement. And also May has a lot of sunny days. They might have a strong friendship with friends at that time.
Are you a spring people or autumn people? I am very old man therefor I have a very stubborn and I have had the idea that a sports day should have at autumn.
It’s fun to move your body and it’s a very meaningful to work together to accomplish one thing. I wish the children would be able to show their shinning appearance and a lot of smiles.

SMILE Vol.3 May 19, 2018 (H30)

Recognized co-existent with nature through the Volcano

Hawaii volcano from Kilauea erupted and it is in the news every day. Every time I see the picture of the eruption, I have indescribable feelings. I grew up at the bottom of Mt. Aso which is an active volcano. Mt. Aso erupted time to time and I had scary experiences every time that happened. However we also experienced the benefits of the volcano. It could be a beautiful scenery and there could be also some hot springs. Also the land that was created by the lave and gravel provide people a living space and provide crops from the soil through underground water. In the long history, people face the nature like volcano and co-existed with their knowledge’s.