補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

1962096_865623150134805_7043438095157984206_o

ようこそ、フィラデルフィア日本語補習授業校へ。

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる20号平成29(2017)年10月14日

利他に生きる

私たちの心にはもともと、「自分だけがよければいい、自己の利益を大切にしたい」と考える利己の心と「他の人によかれ、つながりや助け合いを大切にしたい」と考える利他の心をあわせ持っています。
利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。自分中心ですから視野も狭くなり、間違った判断をしてしまいます。一方、利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、周りの人みんなが協力してくれます。また、視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。
生活・仕事をよりよくしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断してください。忘れないでください、周りの人のことを考え、人のために生きることで、生きている意味を見出し、心の満足を得るのも私たちなのです。

授業日変更臨時すまいる(2017年10月13日)

授業日変更のおしらせ 臨時すまいる(2017年10月13日)

11月11日(土)実施予定の授業は、フレンズ校を会場にした会議開催のため、授業会場が使えません。
つきましては、11日(土)実施の授業とともに諸行事を12日(日)に振り替えて実施します。
保護者の皆様方には、何とぞご理解ご協力をよろしくお願いします

すまいる19号平成29(2017)年10月7日

それぞれの秋 何をしたい?

めっきりと朝夕涼しくなりました。出勤前の車は朝露がびっしりとついて、白くなっています。
10月7日頃は二十四節気でいいますと草木に冷たい露が降りる頃という意味で「寒露」と呼ばれています。澄み切った秋の空気に、昼はさわやかな青空が広がり、夜は月が冴え冴えと輝きます。自宅の周りは、木々が色づき、落葉し始め、気がつけば虫の音が響いています。1年を通じても過ごしやすい秋の訪れです。
日本で「秋」というと様々な「人間の趣味」に関する修飾語がつくことが多いようです。例えば「芸術の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」という感じで、私たちが、何をするか、あるいは何をしたかということが中心になった修飾語がつきます。いったいみなさんは、どんな秋にしますか?

すまいる18号平成29(2017)年9月30日

本に恋する季節です!

全国学校図書館協議会は毎日新聞社と共同で、全国の小・中・高等学校の児童生徒の読書状況について毎年調査を行っています。1か月間に読んだ本が0冊の生徒を「不読者」と呼んでいます。2016年5月の調査では、不読者の割合は、小学生は4.0%、中学生は15.4%、高校生は57.1%となっています。この調査から、小学生より中学生、高校生の読書離れが進んでいるようです。
本を読むことはとても大切です。本を通して多くのことをいながらにして知ることができます。広く、世界中のことを知ることができます。本を書いた人と友だちになれます。たくさんの年齢の違った人とも友だちになれます。何百年前の人とも、友だちになれます。
10月27日から読書週間が始まります。秋は「読書の秋」とも言われますように、夜が長く、静かで、暑からず寒からず、ゆっくり本を読むのに最も良い季節です。心を豊かにするために、秋は「本に恋する季節です!」(2017読書週間 標語)

すまいる17号平成29(2017)年9月23日

お年寄りに学ぶ

2017年9月の第3月曜日18日は「敬老の日」でした。かつては15日が「敬老の日」だった記憶があると思いますが、2001年に成立しました「ハッピーマンデー制度」により現在の形になりました。
日本の65歳以上(高齢者)の人口は、9月15日時点で3514万人(総人口の27.7%)となり、総人口に占める割合が1/4を超えたのは4年連続となりました。
お年寄りは、ただ年齢が多いということではありません。年齢を重ねる中で、たくさんの勉強や体験をして、生きる知恵を蓄えている方が多いのです。お年寄りは『人生の名人』と言っても良いでしょう。私たちがこれから学び、身に付けなければならないものをたくさん蓄えているからです。
敬老の日は、お年寄りを大事にしよう、体の弱いお年寄りをいたわろうというだけではありません。お年寄りの長い間の貴重な体験や知恵に私たちが教えを受け、学ぶ日でもあります。また、そのことの大切さを考える日でもあります。そのことが、お年寄りを心から大切に、尊敬することだと思います。
誰もが通る高齢者への道です。このことが豊かな高齢化社会づくりへの一歩と思います。

Smile News Letter

SMILE Vol.20 October 14, 2017 (H29)

Other-Oriented Life Style

We are all both self centered as well as other-oriented. When we don’t consider others, we may have trouble seeing clearly outside our personal focus. Also we may have a limited point of view and may judge inappropriately. However, when we see things in terms of others, we can influence others and help so much more. By discerning judgement we gain clarity otherwise missed. Keep in mind to be other oriented so that you can have a more purposeful life for yourself and others.

Announcement of rescheduling the school day Special SMILE October 13, 2017 (H29)

Due to a school meeting, we cannot use the Friends Central on November 11th.
Please note that we will reschedule all classes and events on November 11th for November 12th.
Thank you for your understanding.

Before

Saturday, November 11th
Elementary Learning Festival (at New cafeteria)
Middle school Cultural Festival (at Main campus)
↓↓

After

Sunday, November 12th
Elementary Learning Festival (at Linton gym)
Middle school Cultural Festival (at Main campus)

SMILE Vol.19 October 7, 2017 (H29)

What do you want to do in the autumns?

It is getting cool now. My car’s front glass became white which was frozen. These days is called as Yoztuyu in Japanese. That means the air is clean and the sky is blue. The moon in the night is shiny and also the trees become colorful around the houses. Then it fell down. Many bugs are singing. It is very comfortable season.

In japan people are using the many words which is involved with the hobby in autumns.
For example, those are a fall hobby, a sports fall, reading book fall.
What do you want to do in the fall?

SMILE Vol.18 September 30, 2017 (H29)

It is a season to fall in love with books

Japan School Library Association and The Mainichi newspaper conduct a survey every year about school kids reading. If a child reads no book in a month, it is called “No reader”. The results from May 2016 were that 4% of Elementary, 15.4% of Middle School and 57.1% of High School students were “No reader”. From this result, more middle school students than elementary and more high school students than middle school are not reading books.
It is very important to read books. We can lean so many things through books. We can lean widely and around the world. We can be a friend of an author. We can be a friend of different age groups and hundreds years ago people.

A reading week will start from Oct 27. The fall is also called “Fall of reading” and the night is long, quite, not too hot and not too cold so it is a perfect season to read books. To enrich the minds, the fall is a season for “Fall in love with books”! (2017 reading week slogan)

SMILE Vol.17 September 23, 2017 (H29)

Learn from elderly people

The 3rd Monday, September 18th, 2017 was a “Respect-for-the-Aged Day” in Japan. As you may know, it was held on every September 15th, however, it is held on the 3rd Monday of September due to “Happy Monday” system which was established in 2001.
The number of people age 65 and older in Japan as of September 15th. This group accounted 35.14 million (27.7% of total). The ratio of the total population is more than a quarter for four straight years.
Elderly people have experienced and studied a lot of things, and also have stored their minds with knowledge. We can say that elderly people is “Life Master”, because they have already had a broad range of knowledge that we should try to acquire.
A “Respect-for-the-Aged Day” is not only the date we treat elderly people so kindly, but we should learn from their valuable experience and wisdom and we also have to think about the importance of it. These things will lead to respect for them from our heart.
Everyone goes through the same thing. This way of thinking is a step for creating a rich aging society.