補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

1962096_865623150134805_7043438095157984206_o

ようこそ、フィラデルフィア日本語補習授業校へ。

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる16号平成29(2017)年9月16日

忘れまじ! 心に刻み 思いを馳せる

11日、アメリカではこの日は追悼の日となりました。日本人24人を含む、約3,000人が犠牲になったアメリカ同時多発テロから16年目を迎えました。ワールドトレードセンター跡地に出かけましたが、今では再開発工事で新しいビルが建設され、人の往来はかつての賑わいがありました。
またこの日日本では、約20,000人が犠牲となった東日本大震災から6年半を迎えました。
6周年追悼式での岩手県代表の言葉が思い出されました。「あの時から、もう6年でもあり、まだ6年でもあります。この間に、私は、縁があって結婚し、新たな家族ができ、家もできました。しかし、あの時から3月11日が近づくと、少し心が落ち着かない自分がいます。かつての風景が変わっていく姿に、復興しているのだと、実感することはありますが、この心の衝動は、一生続くのではないかと思います。」
今も続いている被害者の心の衝動を和らげるため、私たちにできることは、忘れることでなく、心に刻み思いを馳せることだと思います。

すまいる15号平成29(2019)年9月9日

心の消しゴム

勉強していて書き間違えたり、答えが違っていたりすると消しゴムで消して書き直します。
実はもう一つ、私たちは心の消しゴムを持っています。
自分が友達や家族、そして周りの人に間違ったことをした時や迷惑をかけた時、また、何か頼まれたことや決まっていることをできなかった時に、「ごめんなさい」とか「すみません」と言います。この言葉が心の消しゴムです。大人も子どもも、自分の間違いに気付き、少しの勇気を出して心の消しゴムを使っていれば、お互い嫌な気持ちになったり、けんかになったりすることも少なくなります。
心の消しゴムは使うことで、もっと良く消える心の消しゴムに変っていきます。逆に、心の消しゴムは、使わなければ、それだけ消しにくくなり、たまに使ってもよく消えません。
心の消しゴムは、みんなを明るく元気にしてくれます。

すまいる14号平成29(2017)年9月2日

自分のことは一番見えにくい

私たちは、周りからとやかく言われるのが嫌いです。「放っておいてください!自分のことは自分がよく知っているんですから!」ということがあります。
どうしてどうして、自分のことは自分が一番分かりにくいものだと思います。多くの人は自分を過大視するか過小視するか、どちらかで、客観的に公正に自分を見ていくことは難しいものです。自分のことを自分は何を手がかりにして知るのでしょうか。それは結局自分を周囲の人々がどう見てくれるかではありませんか。例えばあなたの性格は、あなたが付き合っている人々が感じてくれるものです。

すまいる13号平成29(2017)年8月26日

空を見上げて 世紀の天体イベント

西はオレゴン州から、北米大陸を横断する形で、東のサウスカロライナ州までの広い範囲で「皆既日食」を見ることができました。天体が織りなす99年ぶりの神秘な出来事らしく、アメリカでは100年に1度のイベントとしてそれを楽しむ人が大勢いました。あいにくフィラデルフィアは部分日食でしたが、天体の神秘を十分に堪能できました。日本では2012年5月21日に「金環日食」を体験しました。その時には、ピンホール効果で、変わった木漏れ日も見ることもできました。今回は、信じられない非日常な光景を夢中になって見上げている人々の様子もあわせて楽しむことができました。

Smile News Letter

SMILE Vol.16 September 16, 2017 (H29)

Never forget! Etch in your heart and think over

September 11th, has become a day of memorial for the U.S., it has been 16 years since the terrorist attack that killed just under 3,000 people including 24 Japanese. I have visited where the World Trade Center used to be. They had busy traffic like they used to have.
On the other hand, 6 and half years has passed since the Japan earthquake Disaster that took about 20,000 people lives. I remember the memorial message given by the Iwate Prefecture Representative. “Already 6 years, but still only 6 years past. During this time, I got married and additional family members have come, and a new house has been built. However, since that year, the closer to March 11th, I get nervous. As the outside scenery changes, it seems real that things are better and has been working to be revealed, this emotional reaction might never go way. To ease natural disaster victims shock, what we can do is not to forget and etch in your heart to remember of them.”

SMILE Vol.15 September 9, 2017 (H29)

An emotional eraser

We use an eraser when we write something wrong or have the wrong answer when studying. In fact, we all have an emotional eraser.
When we do something wrong to our friends or family, or bother someone; or when we cannot deliver what we were asked to do, we say “I’m sorry” or “I apologize.” This is just like an emotional eraser. Regardless you’re a child or an adult, when we realize our mistakes, we can avoid a disagreeable feeling or an argument if we use the emotional eraser with courage.
The more we use this emotional eraser, the easier it can erase. Or it becomes harder and harder to use or nothing will get erased.
I believe we can use the emotional eraser to brighten our lives

SMILE Vol.14 September 2, 2017 (H29)

It is not easy to see yourself

We do not like other people criticize us. We often say, “Please leave me alone. I know about myself more than anyone does.” Is it really true? I think it is difficult to know yourself. Normally, people tend to overestimate or underestimate oneself, and it is not easy to evaluate oneself objectively. Then what is the key to know oneself? After all, how other people see you is the key. For example, your personality is how other people feel about you.

SMILE Vol.13 August 26, 2017 (H29)

Look up at the sky for the celestial event of the century.

“Total solar eclipse” was observed in a wide range of area across the North American continent, from the state of Oregon in the West to the state of South Carolina in the East. There were a great number of people who enjoyed this enigmatic occurrence woven by the celestial bodies which reoccurred after 99 years this time. This is an event which is said to happen only once in hundred years in America. Unfortunately, Philadelphia had only partial solar eclipse, but even it was only partial eclipse, the enigma of the celestial bodies was fully enjoyable. In Japan, “annular solar eclipse” occurred on May 21, 2012. At that time, queer sunlight filtering through foliage created by the pinhole effect was also observed. This time, it was also fun to watch people get engrossed looking up at the unbelievably extraordinary view on the sky.

SMILE Vol.12 August 19, 2017 (H29)

Energetic voices from students echo throughout the school

The long summer vacation has finally ended. Today is the start of the second trimester here at JSLP. Even though we borrow the Friendユs Central School facilities just on the weekend, children really shine in this environment. Maybe itユs just me, but a school without lots of children just appears as a boring container. Today was a wonderful day, as it has been a while since I have heard all the exciting and enthusiastic commotion from the students.