補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

1962096_865623150134805_7043438095157984206_o

ようこそ、フィラデルフィア日本語補習授業校へ。

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる12号平成29(2017)年8月19日

元気な子どもたちの声がこだまする

長かった夏休みが昨日でようやく終わり今日から2学期のスタートです。
補習授業校は、フレンズ校の校舎をお借りして毎回の授業を実施しています。たとえ土曜日だけの間借りの校舎での授業であっても、やはり学校には子どもの姿がよく似合います。私だけかも分かりませんが、子どものいない学校はさみしくて、つまらない箱のような姿に映ってしまいます。
今日は久しぶりに校舎のあちこちから子どもたちの元気な声、たわいのない笑い声等が響き渡って、学校は活気に満ち溢れたひと時でした

すまいる11号平成29(2017)年6月17日

自分のことは一番見えにくい

「放っておいてください、自分の事は自分が一番知っているのですから。」私たちは、周りからとやかく言われることを好みませんが、どうしてどうして、自分のことは自分が一番分かりにくいものだと思います。
たいていの人は自分のことを過大視するか過小視するか、どちらかです。客観的に公正に自分自身を見ていくことは難しいものです。過大視は、「買いかぶり、うぬぼれ」になり、過小視は、「ひくつ、自信喪失」につながります。
では、自分のことを私たちは、何を手がかりにして知るのでしょうか。それは結局、自分を周囲の人々がどう見てくれているかということではないでしょうか。

すまいる10号平成29(2017)年6月11日

自分の気持ちを押し通さず…

人間は社会の中で生きています。また、社会から離れて生きていくことはできない生き物です。
社会の中で生きているとは、どこに行っても何をしても、自分は必ず周囲にいる人たちにお世話になっているということです。他の人々に少なからず迷惑をかけているのが私たち人間です。例えば、自分の身の回りにある自分のもの、着ているもの、使っているもの、本やノート、鉛筆、ボールペン等々、どれ一つを取り上げても、誰かが作ってくださったもの、誰かが手をかけてくださったものです。誰かもわかりませんが、多くの方々の恩恵を被っていないものは何一つありません。
結局、人間というのは、多かれ少なかれ、自分が折れて他の人々に合わせていくという生き方をしなければなりません。自分が折れてというのは、自分の気持ちを押し通さず、周囲の人々に合わせることと考えます。

すまいる9号平成29(2017)年6月3日

子どものストレスに寄り添う!

「勉強」は「勉めて、強いられる」ものですからストレスは、つきものだと思います。
わからないから勉強をします。わかるまでにはいろいろな壁に当たります。それを乗り越えるにはストレスがかかります。苦労や悩みはあって当然であり、それを乗り越えながら子どもたちは成長します。
逆に言えば、ストレスのない勉強というのはなく、子ども時代にストレスを感じさせないように育ててしまったとしたら、将来の姿がかえって心配になってしまいます。
本校の子どもたちは、月曜日から金曜日まで現地校で学び、日本と異なる文化、生活習慣、言語環境で生活しており、言語取得、学習、健康、進路、対人関係などの多様な問題に直面してストレスは相当なものと想像できます。
大切なことは、子どものストレスや悩みがどの程度のものなのかを知り、きちんと親、教師が寄り添えるか、一緒に悩めるかどうかです。

すまいる8号平成29(2017)年5月27日

一人はみんなのために、みんなは一人のために

学校行事の中でも入学式・卒業式とならび重要な位置づけにあります運動会は、二つのねらいがあると思います。
その一つは、「自分の体力と健康を振り返ること」です。人は誰もが健康な時は、自分の体や体力のこと、病気になったときのことなどを考えないものです。毎日の生活や学校生活は、健康なくしては成り立ちません。補習校では運動する機会はありませんが、ケガに気を付けながら、グランドで自分の持てる力を発揮して、体を動かして自分の体や健康を確認するといいでしょう。
もう一つは、「個人の責任を自覚して、連帯と友情を深めること」です。競技・演技するときは、第一に自分のために、所属するチームのために全力を尽くしてください。応援する時は、出場している仲間のために声援を送ってください。中高生や継承4のみなさんには、運動会の演技競技を支える補助員としての仕事を精一杯頑張ってください。One for all,all for one.「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を体感する機会が運動会です。そのなかで、新たな友達ができることや友達の新たな一面を見ることもでき、友情の輪が広がります。

Smile News Letter

SMILE Vol.12 August 19, 2017 (H29)

Energetic voices from students echo throughout the school

The long summer vacation has finally ended. Today is the start of the second trimester here at JSLP. Even though we borrow the Friendユs Central School facilities just on the weekend, children really shine in this environment. Maybe itユs just me, but a school without lots of children just appears as a boring container. Today was a wonderful day, as it has been a while since I have heard all the exciting and enthusiastic commotion from the students.

SMILE Vol.11 June 17, 2017 (H29)

It Is Very Difficult to Know about Yourself

“Please leave me alone as I know what I am doing.” In general, we do not like being advised what to do by others. As a matter of fact, however, it is probably true that knowing yourself is very difficult.
Generally speaking, the majority of us tend to either overestimate or underestimate about ourselves because of the difficult nature of fair self-observation. Overestimation causes “overvalue/self-esteem” and underestimation causes “obsequiousness and loss of self-confidence”.
So, how do we get to know about ourselves? The objective evaluation by others is probably the ultimate way to achieve it.

SMILE Vol.10 June 11, 2017 (H29)

Don’t push your views toward others.

Human beings are social animals and unable to live outside the society. Living in the society amongst others means you are constantly being taken care of by others around you wherever you are. We are routinely disrupting others. For example, things you own, dress, use, pens and notebooks, pencils, pens etc… You can pick any one of those things and it is made by someone or has gone thorough some process made by someone. You may not know the name of the person but there’s nothing that is around us that did not involve other human beings. We benefit from works and efforts of so many people.
After all, we have to live in the society with others and more or less have to get along with them and getting along means not pushing your views or opinions toward others and while maintaining respect for others.

SMILE Vol.9 June 3, 2017 (H29)

Cooperate with your child’s stress!

“Study” (勉強) when written in Kanji, it can be read as “forced to strive”, and it could be a source of stress.
You study because you do not understand something. As you try to gain full comprehension, you will face many walls. In order to clear each obstacle, you deal with stress. It is quite natural to have worries and troubles, and children grow as they manage to overcome those worries and troubles.
There is no such thing as stress-free study, and if you let your child grow up without having them deal with stress, you should concern your child’s being when they are grown up.
The students at Japanese Language School of Philadelphia attend their regular school during weekdays where they experience different cultures, different life styles, and different languages. Being in such environment, you can easily imagine how stressful it could be for a child to face various subjects such as acquiring a new language, daily schoolwork, health, future path, and interpersonal relationship with others.
The key here is that the parents, guardians, and teachers know the level of stress or troubles the child is going through and be able to provide support and cooperate with the child.

SMILE Vol.8 May 27, 2017 (H29)

One for all, all for one!

As a school event, our field day is just as important as the school entrance and graduation ceremonies. There are two goals for field day. The first is to think deeply about your health and constitution. When you’re healthy, most people don’t think about what it’s like to be sick. The truth is, however, if you were not healthy, it would be hard to live your life and go to school. Physical education is not part of our curriculum, but today is a great chance for everyone to revel in being healthy and alive. Please be safe and do your best to be active and have fun today!

The second goal of field day is deepen your connection to friends and your class through teamwork. It’s important to work hard in sports and the arts, so please exert every effort to do your personal best and to help your teammates. Let’s cheer each other on! We also look forward to the efforts our junior high, high school, and Keisho Four students will be putting in as support staff – thank you! Field day is a prime opportunity to truly understand the expression, “One for all, all for one!” I hope that everyone can broaden their friendships by both making new friends, or even just seeing our friends in a new light!