補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる17号 平成30(2018)10月20日

深まる秋 『ハロウィン』に街が染まります!

日本でもここ数年盛り上がりを見せている10月31日の「Halloween」ハロウィン。ただ、日本ではハロウィンというと仮装・コスプレのパレードといった印象で、本来の意味は薄いようです。調べてみると、ハロウィンはもともと秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事。死者の霊が家族のもとを訪ねてくる時に、同時にやってくる精霊や魔女から身を守るために仮面をかぶったり変装したりしたことから、子どもたちが変装してお菓子をねだる現在の形に変化していったそうです。
日本にもお盆の時期に「墓祭り」として地域総出でお盆の準備をしたり、家族で先祖の霊を迎えお墓参りをするという同じような行事がありますね。また、節分の日にヒイラギの葉や鰯を玄関に飾って鬼を追い払ったり、十五夜のお月見で収穫を祝い子どもたちがお菓子をもらって歩く風習とも似ていますね。わたしが以前赴任していたメキシコでも、「死者の日」にはお墓や祭壇に盛大な飾りつけをして家族や友人が死者を迎え、死者とともに明るく楽しく過ごす風習があります。宗教的な意味や歴史的背景はそれぞれの国で違うのでしょうが、ご先祖様を偲び、なつかしく思い出を語り合う、そして収穫を祝い感謝する思いは共通なのだなと感じます。
さて、ハロウィンには我が家の近所の子どもたちもお菓子を求めてやって来るようです。どんな準備をして子どもたちを迎えましょうか。今からとても楽しみです。

すまいる16号 平成30(2018)10月13日

『芸術・文化の秋』主役の子どもたちが輝きます!

自宅の近くの通りを歩くと、木々の緑の中に赤色や黄色に染まった葉も見られるようになり、秋本番を感じる今日この頃です。家々の入り口付近に飾られているハロウィンの大小様々なカボチャや人形たちが秋に彩りを添えてくれているようです。
さて補習校では、これから11月にかけてそれぞれの学部・コースで学習の成果を披露する発表会を行います。
今日は、その日程等をお知らせします。
      学部・コース      日  時         内  容

幼 稚 部      11月17日(土)      「お誕生会・秋の音楽会」
小 学 部      11月10日(土)      「秋の学びの祭典」
中 学 部      10月20日(土)      「秋の文化祭」
高 等 部      11月17日(土)      「ディベート甲子園」
継承日本語コース 11月 3日(土)      「秋の文化まつり」

 

以前は全校での学芸会でしたが、昨年から各学部・コース毎の発表会となりました。それぞれ、日本の文化紹介や文化体験、日頃の学習の成果を発表する内容となっており、現在趣向を凝らした内容で計画・練習しています。発表会は一人一人が表現力を高め、また仲間同士お互いに認め合い高め合う大切な機会です。どの学部・コースもご自由にご覧いただけます。子どもたちの頑張る姿にご期待いただき、応援をよろしくお願いいたします。発表内容の詳細はそれぞれの発表会前にお知らせいたします。各担任からのお便りもお読みください。
皆様のご来校をお待ちしております。

すまいる15号 平成30(2018)10月6日

『不思議だな』『どうしてかな』というつぶやきを大切に!

10月1日、今年のノーベル医学生理学賞が発表され、京都大学の特別教授 本庶 佑(ほんじょ たすく)氏とアメリカテキサスMDアンダーソンがんセンターの教授 ジェームズ アリソン氏が受賞されました。
お二人は、免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質を発見、解明することで新しいタイプの「がん免疫療法」を実現、がん治療に革命をもたらしたという功績が認められての受賞でした。「オプジーボ」と呼ばれる新薬は、2014年に日本で初めて承認され、現在では60ヶ国以上で承認されているということです。
本庶氏は、受賞のインタビューの中で、自分の研究のモットーは「自分は何が知りたいかという好奇心だ」と述べています。30数年以上も前のインタビューでの「命の仕組みを明らかにして、がんや難病、免疫患者のの診断、治療に結びつけい」との言葉のとおり、本庶氏は長年に渡り研究を続け「免疫でがんを治す」というがん治療第4の道を拓いたのです。研究者を志す子どもたちへは「自分の目でものを見る。自分の頭で考える。そして納得するまでやる。そこまで諦めないこと。」をメッセージとして伝えています。
今回の本庶氏の言葉は、自分の知らないことや疑問に思うことを追求し解明しようとする探究心をもつこと、何事も自分の力で前向きに納得できるまで取り組むことの大切さを改めて考える機会となりました。年齢にとらわれず好奇心・探究心をもち続けることを忘れず、子どもたちの「不思議だな」「どうしてかな」という日々のつぶやきや真剣な眼差しにもしっかりと心を寄せていきたいと思いました。

すまいる14号 平成30(2018)9月30日

『中秋の名月』 時には夜空を見上げてみよう!

先日9月24日は『中秋の名月』十五夜の月でしたね。ここ、フィラデルフィアでは残念ながら雲がかかり見ることはできませんでした。旧暦の秋のまん中の8月15日を中秋といい、その日に見える月のことを中秋の名月といいます。この時期に収穫された穀物などをお供えして感謝の気持ちを表し、美しい月をめでる「お月見」といわれる風習は、平安時代に中国から伝わったものだそうです。
 私の故郷熊本でもこの日は、家の縁側の月が見えるところに山から採ってきたススキを飾り、米で作った団子や収穫したばかりの芋をふかして果物やお菓子と共にお供えしたものです。子どもたちは夜うす暗い月明かりの下で一軒一軒の軒先を回り、大きな声で「十五夜さんをひかせてくださーい!」と言いながらお供えしてある団子や芋などを我先にと手探りで競い合って持参した袋に詰め込んだものです。家に帰って袋の中を見ると、くずれてしまった団子や芋、砕けた果物やお菓子が混ざり合って無残な姿となっていましたが、それでもありがたくおいしくいただいていたことが懐かしい思い出です。奇しくも数日前にJAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」搭載のMINERVA-Ⅱ1が小惑星「リュウグウ」への着地に成功したこと、2023年に日本の会社社長が月へ初の民間宇宙旅行を計画していることが報道されました。宇宙への夢は広がるばかり、そしてその一方で宇宙開発は着実に進んでいます。下を向くことの多い日々の暮らしの中で、時には秋の夜長に空を見上げ、美しい月や輝く星を見ながら、宇宙へ思いを馳せるのもいいかもしれませんね。

すまいる13号 平成30(2018)9月22日

『バザー』 新カフェテリアに笑顔いっぱい!

9月15日(土)は、補習校の子どもたちがとても楽しみにしていた第1回『バザー』の日でした。
当日は、大型ハリケーンFLORENCEの影響が心配されましたが、朝から好天に恵まれ無事に予定通り開催することができました。今夏、見事に改装されたばかりの新カフェテリアと入り口の屋外には係の保護者の方々手作りの料理、野菜、パン、本やゲームなどがずらりと並びました。「どれにしようかな」とうれしそうに品物を手に取る子どもたちや口いっぱいにごちそうをほおばる子どもたちの笑顔がとても印象的でした。
おかげさまでバザーの収益は$5,741.25となり、全額をファンドレイジングとして補習校にご寄付いただきました。心よりお礼申し上げます。事前の計画、交渉、買い物、会場作りから当日の運営まで、係の皆様には大変お世話になりました。また、本やゲームなどを多数寄せていただき当日参加もしていただいた保護者の皆様、遠路かけつけご協力くださった企業の皆様、本当にありがとうございました。
うれしそうに瞳を輝かせる子どもたちの笑顔と、温かく見守る保護者の皆様方の優しい眼差しに、改めて補習校が皆様によって支えていただいていることを強く感じた一日でした。私達教職員も皆様のご期待に応えるべくこれからも日々精一杯頑張ってまいります。ありがとうございました。

Smile News Letter

SMILE Vol. 17 October 20, 2018 (H30)

Fall is in full swing. It’s a Halloween season!

Halloween on October 31 has been showing excitement in Japan for the past few years. In Japan, “Halloween” may be reminded of Halloween costume and parade rather than the origin of Halloween. Halloween is an event that celebrates the harvest of autumn and kicks out evil spirits. When the spirit of the deceased visited the family members, they wore masks and dressed up to protect themselves from spirits and witches coming at the same time. From these practice, children nowadays are dressed up and started trick or treat.
In Japan, there is a similar event during the Bon, such as a “grave festival”, in which all residents in a region prepare the Bon festival, and families welcome the spirits of the ancestors and visit the grave.
It is also similar to the Setsubun, where we decorate holly leaves and sardines at the entrance of home to drive away the demons, and the Full Moon Night, where we celebrate the harvest and children walk with sweets. In Mexico, where I had worked before, there is a custom that they decorate the grave with a huge decoration, greet the deceased family members and friends, and have bright and fun time with the dead. Although religious meaning and historical background of the events in the fall season are different among countries, it seems to be common that they talk about memorable memories of their ancestors and appreciate the harvest in fall.
At Halloween, children in our neighborhood seem to come seeking treats. How do we prepare and welcome children? I’m very excited to have Halloween.

SMILE Vol. 16 October 13, 2018 (H30)

“Fall is the season for art & culture” Let our children shine!

When I take a walk around my neighborhood, I spot red and yellow colors among the green leaves. The height of autumn is approaching. Pumpkins and Halloween ornaments at the entrance of houses are also adding beautiful colors to this season. At JLSP, from now through November, various events will be held by each schools/divisions and courses. Students will show off their study progress at those occasions.
Schedule of the events:
Kindergarten: 11/17/18 (Sat): “Birthday Celebration/Fall Music Concert”
Elementary School: 11/10/18 (Sat): “Fall Study Festival”
Middle School: 10/20/18 (Sat): “Fall Cultural Festival”
High School: 11/17/18 (Sat): “Ko-shien Debating Contest”
Keisho Course: 11/3/18 (Sat): “Autumn Culture Festival”
In the past, all schools/divisions and courses had gathered together and participated in one annual school play around this time of the year. However, last year, we started to have separate events by each schools/divisions and courses. It will be a good occasion for each of them to introduce Japanese culture and experience, or to present their studies that they have been working on. Moreover, this will be a great opportunity for students to improve how to express themselves, as well as for students to respect and learn from each other. You are welcome to observe any event. Please support your children in their preparation, and cheer for them. Details for the events are yet to be announced. Please pay attention to the correspondence from your children’s homeroom teachers.

SMILE Vol. 15 October 6, 2018 (H30)

“Wondering why” and keeping your curiosity are important!

This year’s Nobel Prize winners for Physiology/Medicine were announced on October 1st. The recipients were Dr. Tasuku Honjo from Kyoto University, Japan and Dr. James Allison from MD Anderson Cancer Center, Texas. The two of them independently discovered proteins that act as brakes of the immune system and found that pharmacologically blocking these molecules allows the immune system to fight cancer. The drug “Optivo”, which uses this mechanism, was first approved in Japan in 2014 and is now approved in over 60 countries to treat cancer.
In his interview, Dr. Honjo states that his motto in research is “Curiosity drives what I want to know”. In an interview performed 30 years ago, he stated that “by figuring out how biology works, I want to find ways to cure cancer and other incurable diseases”. Now, he has accomplished this dream by curing cancer using the immune system. He tells students aspirating to become scientists, “Observe with your own eyes. Think with your own brain. Don’t quit until you’re satisfied and never give up.”
Dr. Honjo’s words reinforce the importance of maintaining an inquisitive mind, keeping a positive attitude, and accomplishing tasks until satisfied. Regardless of age, I felt even more compelled to maintain my curiosity and inquiry, and listen to the insatiable curiosity of the students.

SMILE Vol. 14 September 30, 2018 (H30)

“Chushu no meigetsu” –let’s look up at the night sky!

“Chushu no meigetsu” (Harvest Moon) fell on September 24th this year. Unfortunately, it was too cloudy in Philadelphia to view it. “Chushu” refers to August 15th, which was the middle of the fall in the Chinese calendar, and we call the moon seen on that day “chushu no meigetsu.” People used to offer grains that were harvested during this time to show thankfulness and celebrate “otsukimi” by viewing the beautiful moon. This has been a tradition that has been passed down from China during the Heian period.
In my hometown Kumamoto, we would decorate our porch with the silver grasses, make rice dumplings and offer them as well as potatoes, fruits, and snacks under the moon. As kids, we would go around the houses in the neighborhood and ask for these offerings and put them in our bags. By the time we got home, all the food in the bags were squished and mixed up, but I remember eating them with thankfulness. In a strange coincidence, there were news this week about MINERVA-II developed by JAXA has successfully landed on the asteroid “Ryugu” and a Japanese CEO planning the first private space travel to the moon. The dream to the universe is only expanding, and the space development is progressing steadily. While we are busy with our daily lives, perhaps it would be nice to look up at the fall night sky and enjoy the beautiful moon and stars as we think of the universe.

SMILE Vol. 13 September 22, 2018 (H30)

Bazaar – New Cafeteria was filled with smiles

September 15th was the first annual bazar JLSP children had been looking forward to.
There were concerns about effects from a huge hurricane FLORENCE on that day but fortunately, the weather was nice and the bazaar was held as scheduled. There were many items for sale inside and outside of the freshly renovated cafeteria, such as homemade dishes by parents, fresh produce, goods from a bakery, books and games. Smiles of children – who was thinking what to get or was enjoying delicious foods left a special impression.
Profits from the Bazaar was $5,741.25 and this entire amount has been donated to JLSP. We are truly thankful from the bottom of our heart. A huge thank you to parents who did planning, negotiation, shopping, venue setting, operation, donated their books and planned fun games. Also, thank you to supporting companies who came all the way to join us. We are very grateful.
Children’s happy face and parents’ fond look reminded me of the fact that JLSP is supported by all those people. We all teachers will make every effort to meet everyone’s expectations in return. Thank you very much.