補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

1962096_865623150134805_7043438095157984206_o

ようこそ、フィラデルフィア日本語補習授業校へ。

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

すまいる(日本語)

すまいる4号平成30(2018)5月26日

運動会は「春」それとも「秋」の行事?

私の子どもの頃は、運動会と言えば秋が定番。『スポーツの秋』を象徴する代表的な学校行事でした。秋は果物も豊富で、お昼の弁当開きの時は、柿、梨、ぶどう、栗などが食べられるのも楽しみの一つでした。朝の開催を告げる「爆竹」に始まり、最後の「万歳三唱」まで、一日中、わくわく、ドキドキ、の地域を挙げてのお祭りでした。
さて、最近はどうかというと「秋」よりも「春」に開催する学校が増えてきています。理由としては、受験に備え春に移行を決める中学校、高校が増えたことや、秋は残暑が厳しいこと、台風や長雨の心配があることなどです。春に開催する利点としては、特に5月は「五月晴れ」と言われるように晴れの日が多いことや、新学年が始まったばかりの時期に大きな行事を経験することで子どもたちは達成感を味わい、仲間意識が強くなることなどが挙げられます。さて、皆さんは「春開催派」、それとも「秋開催派」、ちなみに私は古い人間なのでどうしても「運動会=秋」のイメージを払拭しきれないでいます。
どちらにしても体を動かすことは楽しいですし、協力して一つのことを成し遂げることはとても有意義なことです。今年の運動会でも子どもたちは輝く姿を、そして、たくさんの「スマイル」を見せてくれることでしょう。

すまいる3号平成30(2018)5月19日

火山の噴火で自然との共存を強く認識!

ハワイのキラウエア火山が大噴火し、その様子が毎日ニュースに取り上げられています。噴火の映像を目にする度に何とも言えない思いが湧き上がってきます。それというのも私が生まれ育ったところも九州の阿蘇山という日本を代表する活火山の麓だからです。これまでも何度も阿蘇山は噴火を繰り返し、その度に、怖い思いもしてきました。しかし、その半面、火山があるが故の恩恵もたくさん受けてきました。それは、心が癒される素晴らしい景観であったり、点在する温泉などです。また、溶岩や土砂で形成された土地は人々に生活の場を提供し、地下水がもたらした土壌は多くの農作物を育んでいます。このように長い歴史の中で、人々は知恵を出しながら火山という大自然と向き合い、共存を続けてきています。火山は時として噴火し、怖い存在となりますが、私達に恵みも多く与えてくれていることをしっかりと認識し、共存していくことが大切であると考えます。

すまいる2号平成30(2018)5月13日

新緑がまぶしい季節、活力をもらいます!

車を走らせていますと、フィラデルフィアの市街には樹木がとても多いことに気付かされます。5月に入り桜の開花が終わってしまったことは何となく寂しいのですが、それに代わり「若葉の緑」が目に飛び込んできて、私達に安らぎと活力をもたらしてくれています。桜の花には誰しもが心踊らされるのですが、それに劣らず周りの木々の新緑もとても魅力的であると感じます。学校も新学期を迎え一ヶ月が過ぎました。子どもたちも新しい環境に徐々に慣れ、学習に集中できるようになってきました。新緑からたくさんの活力をもらい、元気いっぱい過ごしてもらいたいと願います。

すまいる1号平成30(2018)5月5日

タイトルの通りいつも『スマイル』でいたい。

朝、夕の冷え込みは時より厳しく感じますが、確実に暖かくなってきていることを肌で感じる季節となりました。
さて、学校便り「スマイル」の発行につきましては、提供が1ヶ月遅れ、誠に申し訳ございません。これから週1回のペースでフィラデルフィア日本語補習授業校関連の様々な情報を提供できたらと考えますので、ご愛読の程どうぞよろしくお願いいたします。
挨拶が遅れましたが、私は、前河原校長先生の後任として4月7日の入学式の日から本補習授業校に勤務させていただいております工藤英治(くどうえいじ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。自己紹介は下記別欄にまとめましたのでご覧ください。
私が日本国内で小学校の校長をしていた時の学校便りはいつも『元気・笑顔』でしたので、とても親近感をもって『スマイル』作成に臨むことができています。とにかくスマイル(笑顔)はコミュニケーションの基本だと考えます。授業に向かう先生方にもどうぞ笑顔で子どもたちと向き合ってくださいと声掛けをしています。

Smile News Letter

SMILE Vol. 4 May 26, 2018 (H30)

A sports day should be held in fall or spring

In my childhood a sports day was held always at autumn. It was an event symbolic of autumn.
An autumn has a lot of fruits and we could eat persimmons, pears grapes and chestnuts at lunch time. It was a great fun. We had firecrackers at the beginning and the last “Hail Cheers”, all day long, exciting. It was a festival of the region.
Well, recently more schools are being held in spring than in autumn. The reason is that there are more junior high schools and high schools that decide the transition in spring in preparation for the exam. Summer is tough, they are worried about typhoons and rain. The advantages of the spring, especially in May, the children can have the experience of a sense of accomplishment and an achievement. And also May has a lot of sunny days. They might have a strong friendship with friends at that time.
Are you a spring people or autumn people? I am very old man therefor I have a very stubborn and I have had the idea that a sports day should have at autumn.
It’s fun to move your body and it’s a very meaningful to work together to accomplish one thing. I wish the children would be able to show their shinning appearance and a lot of smiles.

SMILE Vol.3 May 19, 2018 (H30)

Recognized co-existent with nature through the Volcano

Hawaii volcano from Kilauea erupted and it is in the news every day. Every time I see the picture of the eruption, I have indescribable feelings. I grew up at the bottom of Mt. Aso which is an active volcano. Mt. Aso erupted time to time and I had scary experiences every time that happened. However we also experienced the benefits of the volcano. It could be a beautiful scenery and there could be also some hot springs. Also the land that was created by the lave and gravel provide people a living space and provide crops from the soil through underground water. In the long history, people face the nature like volcano and co-existed with their knowledge’s.

SMILE Vol.2 May 13, 2018 (H30)

Energized by Fresh Spring Green

While I was driving, I realized that Philadelphia is a city with lots of green. I am a little sad that the Sakura came to an end, however, “Fresh spring green” is right there and giving me energy. Sakura makes everyone happy, but just like Sakura, this fresh green is attractive by giving us Peace and lots of energy. School has already past its first month. The students are getting used to the new school environment and are starting to focus on their studies. I hope the spring green will give them a lot of energy.

SMILE Vol.1 May 5, 2018 (H30)

Let’s keep smiling just like the title of the newsletter.

It is still a little bit cold in the morning but it is definitely starting to feel more and more like spring every day. Hello, my name is Eiji Kudo. I am the new principal starting April 7th. When I was in Japan, I was also a principal at an elementary school and I created a newsletter called “Smile”. This makes me feel very close to the newsletter at JLSP already. I believe smiling is critical to good communication. I always ask teachers to smile at their students when going to classes. I apologize for not keeping this schedule last month. [Smile] will be issued on a weekly basis as before and I really hope you enjoy reading it.