すまいる15号 平成30(2018)10月6日

『不思議だな』『どうしてかな』というつぶやきを大切に!

10月1日、今年のノーベル医学生理学賞が発表され、京都大学の特別教授 本庶 佑(ほんじょ たすく)氏とアメリカテキサスMDアンダーソンがんセンターの教授 ジェームズ アリソン氏が受賞されました。
お二人は、免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質を発見、解明することで新しいタイプの「がん免疫療法」を実現、がん治療に革命をもたらしたという功績が認められての受賞でした。「オプジーボ」と呼ばれる新薬は、2014年に日本で初めて承認され、現在では60ヶ国以上で承認されているということです。
本庶氏は、受賞のインタビューの中で、自分の研究のモットーは「自分は何が知りたいかという好奇心だ」と述べています。30数年以上も前のインタビューでの「命の仕組みを明らかにして、がんや難病、免疫患者のの診断、治療に結びつけい」との言葉のとおり、本庶氏は長年に渡り研究を続け「免疫でがんを治す」というがん治療第4の道を拓いたのです。研究者を志す子どもたちへは「自分の目でものを見る。自分の頭で考える。そして納得するまでやる。そこまで諦めないこと。」をメッセージとして伝えています。
今回の本庶氏の言葉は、自分の知らないことや疑問に思うことを追求し解明しようとする探究心をもつこと、何事も自分の力で前向きに納得できるまで取り組むことの大切さを改めて考える機会となりました。年齢にとらわれず好奇心・探究心をもち続けることを忘れず、子どもたちの「不思議だな」「どうしてかな」という日々のつぶやきや真剣な眼差しにもしっかりと心を寄せていきたいと思いました。 続きを読む…

すまいる14号 平成30(2018)9月30日

『中秋の名月』 時には夜空を見上げてみよう!

先日9月24日は『中秋の名月』十五夜の月でしたね。ここ、フィラデルフィアでは残念ながら雲がかかり見ることはできませんでした。旧暦の秋のまん中の8月15日を中秋といい、その日に見える月のことを中秋の名月といいます。この時期に収穫された穀物などをお供えして感謝の気持ちを表し、美しい月をめでる「お月見」といわれる風習は、平安時代に中国から伝わったものだそうです。
 私の故郷熊本でもこの日は、家の縁側の月が見えるところに山から採ってきたススキを飾り、米で作った団子や収穫したばかりの芋をふかして果物やお菓子と共にお供えしたものです。子どもたちは夜うす暗い月明かりの下で一軒一軒の軒先を回り、大きな声で「十五夜さんをひかせてくださーい!」と言いながらお供えしてある団子や芋などを我先にと手探りで競い合って持参した袋に詰め込んだものです。家に帰って袋の中を見ると、くずれてしまった団子や芋、砕けた果物やお菓子が混ざり合って無残な姿となっていましたが、それでもありがたくおいしくいただいていたことが懐かしい思い出です。奇しくも数日前にJAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」搭載のMINERVA-Ⅱ1が小惑星「リュウグウ」への着地に成功したこと、2023年に日本の会社社長が月へ初の民間宇宙旅行を計画していることが報道されました。宇宙への夢は広がるばかり、そしてその一方で宇宙開発は着実に進んでいます。下を向くことの多い日々の暮らしの中で、時には秋の夜長に空を見上げ、美しい月や輝く星を見ながら、宇宙へ思いを馳せるのもいいかもしれませんね。 続きを読む…

すまいる13号 平成30(2018)9月22日

『バザー』 新カフェテリアに笑顔いっぱい!

9月15日(土)は、補習校の子どもたちがとても楽しみにしていた第1回『バザー』の日でした。
当日は、大型ハリケーンFLORENCEの影響が心配されましたが、朝から好天に恵まれ無事に予定通り開催することができました。今夏、見事に改装されたばかりの新カフェテリアと入り口の屋外には係の保護者の方々手作りの料理、野菜、パン、本やゲームなどがずらりと並びました。「どれにしようかな」とうれしそうに品物を手に取る子どもたちや口いっぱいにごちそうをほおばる子どもたちの笑顔がとても印象的でした。
おかげさまでバザーの収益は$5,741.25となり、全額をファンドレイジングとして補習校にご寄付いただきました。心よりお礼申し上げます。事前の計画、交渉、買い物、会場作りから当日の運営まで、係の皆様には大変お世話になりました。また、本やゲームなどを多数寄せていただき当日参加もしていただいた保護者の皆様、遠路かけつけご協力くださった企業の皆様、本当にありがとうございました。
うれしそうに瞳を輝かせる子どもたちの笑顔と、温かく見守る保護者の皆様方の優しい眼差しに、改めて補習校が皆様によって支えていただいていることを強く感じた一日でした。私達教職員も皆様のご期待に応えるべくこれからも日々精一杯頑張ってまいります。ありがとうございました。 続きを読む…

すまいる12号 平成30(2018)9月15日

1年間の前半を振り返り、後半につなぐ!

 ひと雨ごとに気温が下がり秋らしくなってきたように感じる今日この頃です。夜は虫の音が心地よく鳴り響き、夜間も随分過ごしやすくなりました。補習校でも、夏休み気分もすっかりと取れ、子どもたちが落ち着いて学習に取り組む姿を見ることができ大変うれしく思っています。
先々週の『夏休みの作品展』はいかがでしたでしょうか。どの作品も子どもたちの頑張りが伝わる力作ぞろい、充実した夏休みが過ごせたのだと実感できました。保護者の皆様の温かいお力添えに感謝申し上げます。
 さて、4月から翌年3月までの年度でみると9月はちょうど1年の半分、区切りの月です。補習校では、幼稚部・小学部・中学部・継承日本語コースは1年を2期に分け、4月から9月までを前期、10月から3月までを後期としています。日本でも近年従来の3学期制から2学期制へ移行する学校が増えてきています。(2学期制から元の3学期制へ戻す学校もあります。) また、高等部とアダルトコースは3学期制としています。
 幼稚部・小学部・中学部・継承日本語コースでは、前期の終了にあたり9月末に担任の先生から通知表が渡されます。9月は、学校生活の振り返りをする大切な月なのです。
 日本では、台風21号や北海道胆振(いぶり)東部地震により多くの被害が発生しました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を皆様とともにお祈りしたいと思います。 続きを読む…

すまいる11号 平成30(2018)9月8日

あなたの秋はどんな秋?秋を満喫しよう!

今週月曜日、9月3日は「Labor Day:労働者の日」でした。毎年、9月の第1月曜日と定められているアメリカ合衆国の祝日です。この日は、勤労者をたたえる日、そして、夏の終わりを告げる日とも言われているそうです。      
アメリカでは、9月から新学年が始まるのでそのための準備をしたり、家族や仲間とパーティー、または夏の終わりの旅行に出かけたり・・・。さて、皆さんはどのように過ごされましたか。アメリカンフットボールもこの日Labor Day前後にシーズンが開幕します。日本でいう「スポーツの秋」到来!でしょうか。日本には、このように「○○の秋」という言葉がたくさんあります。「スポーツの秋」「読書の秋」「収穫の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」・・・。お月見や紅葉狩りなども秋らしいイベントですね。
私は、最近久しぶりに本を読みました。パソコンや携帯ではなく、書籍を手にページをめくる読書です。最近の人気作家による小説は、言葉や表現のおもしろさ、物語の未知の世界へ入っていくスリルなど、忘れていた読書の楽しさを思い出させてくれました。秋は、おいしいものもたくさん収穫され気候も体を動かすのによい季節ですね。皆さんはどんな秋を過ごしますか。寒い冬が来る前のこの季節を楽しみ、充実した「実りの秋」にしたいものですね。 続きを読む…

すまいる10号 平成30(2018)9月1日

9月1日は防災の日、備えあれば憂いなし!

日本では9月1日は「防災の日」です。これは、1923年9月1日に発生した関東大震災の惨事を教訓として1960年に制定されたものです。毎年8月30日から9月5日までの防災週間には日本各地で防災訓練が行われています。ここ数年日本では、大きな地震や台風、豪雨、高潮などの自然災害が発生し、甚大な被害をもたらしています。世界中、いつどこで災害が起こるかわからない今、「防災の日」を機に再度ご家庭で防災について話をしたり、いざという時の連絡の取り合い方、防災用品の準備・確認等をしてみましょう。
2016年4月、私は熊本地震を経験しました。水道、ガス、電気が止まる中まず必要なのが水、何をするにも必要なのが水でした。行政や自衛隊、全国からの支援の水がどれほどありがたく、貴重であったか今も胸に刻まれています。多くのご家庭と同じようにアメリカに来てからも私の家もペットボトルの水を非常用として備えています。補習校でも避難訓練を年間計画に位置付け、実施しています。安全で迅速な避難のための大切な訓練です。自分の命を守るために、真剣に落ち着いて取り組みたいものです。
『備えあれば憂いなし』を言葉だけでなく是非行動に移しましょう。 続きを読む…

すまいる9号平成30(2018)8月25日

日本の夏は高校野球!一途さに感動!!

長い夏休みが終わり、補習校に子どもたちの歓声が戻ってきました。この長い休み中に多くの体験を積み、たくましく成長した子どもたちが再び集い、共に楽しく学習している姿を見ると学校の主役は子どもたちなのだと改めて強く感じることができます。さて、日本の夏の主役は誰かと問われると多くの人が高校球児と答えるのではないでしょうか。(やや、無理があるかな・・・)今年は100回目の記念大会で何かと話題になりました。開会式直後の第一試合の始球式では、国民栄誉賞に輝いた石川県星稜高校出身で伝説の5打席連続敬遠の松井秀喜さんが登場したり、これまでの名場面が何度もテレビで映し出されるなど、画面にくぎ付けになりながら高校野球の魅力をたっぷりと満喫できました。本大会の結果は、大阪桐蔭高校の史上初となる2度目の春夏連覇で決着が付きました。連覇はさすがなのですが、準優勝の秋田県金足農業のはつらつプレイ、勝利後に体をのけぞらせながらの精一杯な校歌斉唱は感動的な場面として脳裏に焼き付いています。何かに一途に打ち込む姿、一生懸命な姿は人に感動を与えます。故郷への郷愁と共に高校野球が日本の夏の風物詩であることの証でしょう。
さて、高校野球が終わると季節が変わり、秋の到来を感じさせますね。朝は時より心地よい風も吹くようになりました。実りの秋・スポーツの秋・読書の秋・・・食欲の秋を楽しみたいものです。 続きを読む…

すまいる8号平成30(2018)8月18日

62日間の夏休みが終了 気持ち新たに!

6月16日発行の「スマイル」第7号で「2ヶ月後の成長した姿に期待します!」と書きましたが、あれから
あっという間に62日間が過ぎました。この間、日本では西日本豪雨災害が発生したり、続けての台風上陸による被害発生、生命にかかわるほどの猛暑続きなど、自然の脅威(猛威)を感じざるを得ないニュースが毎日報道されました。日本のご家族やご親戚の方、お知り合いの方で被害に遭われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。心よりお見舞い申し上げます。
ここフィラデルフィアでも、数日前にはスマートフォンで大雨警報発令の警告音が数回鳴り響き、大雨の被害が数か所で発生しました。皆様のお住いの所はいかがだったでしょうか?
さて、長かった夏休みが終わり、フレンズ校にまた子どもたちの歓声が戻ってきました。この夏休みは計画通りに過ごすことができましたか?、夏休み前に掲げた目標は達成できましたか?、健康第一、病気・けが等なく元気に過ごすことができましたか?、そして、夏休みの宿題は終えることができましたか? 多分、大丈夫でしょう。
たくさんの経験を積んで大きく成長した皆さん。これから2学期がスタートします。気持ちを引き締めて、また新たな目標達成を目指していろいろなことに積極的にチャレンジしてください。活躍を楽しみにしています。
続きを読む…

すまいる7号平成30(2018)6月16日

2ヶ月後の成長した姿に期待します!

真っ青な空と輝く日射しに夏の到来を思わせる天気が続いています。さて、いよいよ明日から夏休みです。16日(土)の最終日には、多くの学級でお楽しみ会を兼ねて日本の伝統的な夏の催し「スイカ割り」が実施されます。
夏の風物詩として誰からも愛されているスイカ割り、保護者の方々にもたくさんの思い出がお有りではないでしょうか。さて、明日からの長い夏休み、体験学習や1学期に学習したことの振り返りも頑張ってほしいことですが、一番大切なことは事故やけがなどなく元気に毎日を過ごすことです。夏の厳しい暑さの中での水分補給、交通事故や水の事故等に十分気をつけていただき、8月18日(土)に子どもたちの元気な笑顔にまた会えるのを楽しみにしています。
保護者の皆様には1学期間いつも子どもたちを温かく見守っていただきありがとうございました。おかげさまで大きな事故等なく1学期を終えることができました。長い夏休み、子どもたちを支え励ましていただきますようどうぞよろしくお願いいたします。 続きを読む…

すまいる6号平成30(2018)6月10日

夏休みは、『体験活動』で身も心も成長!

今日(10日)と16日の補習校での授業が終われば、待ちに待った「夏休み」の到来です。子どもたちの中には、もうすでに山や海、レジャー施設や海外へと気持ちが半分飛んでしまっている人もいるのではないでしょうか。
日本の夏休み期間が1ヶ月ほどであるのに対し、こちらでは約2倍の長期間の休みとなります。誰にとっても楽しみな夏休みですが、過ごし方の違いにより成果に大きな差が生じてしまうものです。だらだらと無計画に過ごすのではなく、一日の過ごし方や、2ヶ月の長期期間を通しての計画をしっかりと立て、特に、自然と触れ合う活動や、新しいスポーツに挑戦したり、ボランティア活動に参加したりなど、『体験活動』を多く経験してほしいと思います。自分の目で見、直に触れ、肌で感じたことは今後「生きる力」として身も心も成長させてくれるものです。エアコンの効いた家の中ばかりで過ごすのではなく、夏は外で汗をしっかりかきましょう。 続きを読む…