すまいる23号平成29(2017)年11月12日

思春期は自分探しの時期

思春期は「アイデンティティ」の確立が大事です
日本語にしにくい言葉ですが「自己同一性」とか「自我同一性」の堅い言葉で翻訳されています。アイデンティティとは、自分はいったいどういう存在だろうかということを自覚する、あるいは、自分の本質を知り、他の人との違いを知ることでもあります。
かみ砕いて言いますと、思春期というのは、自分はどんな個性を持った人間だろうか、どんな特徴や能力、技能、特性を持った人間だろうかということを見つめる時期、確認する時期なのです。同時に、どんな弱点や欠点をもっているかも自覚する、確認する、しっかり認めて安心しようとする時期です。ですから、アイデンティティを確立するプロセスの中で、自分は将来どんな社会的役割を負うことができるのであろうか、どんな職業選択が可能であろうかと考え始めるのも思春期なのです。(佐々木正美著 「子どもへのまなざし」より)

秋の文化まつり

11月4日(土)マルチパーパスルームを会場に、継承日本語コース主催の「秋の文化まつり」が開催されました。
今年は日本文化体験学習の一環として「邦楽」を取り上げて、各クラスともにプロジェクト活動やリサーチ活動を長期にわたり取り組み、今回その成果発表が行われました。
子どもたちの発表に先立ち、琴の演奏を鑑賞し、邦楽の歌の説明をきかせていただきました。その後、子どもたちの威勢の良い太鼓演奏やよさこい踊りが続き、邦楽関連の発表が行われました。
秋のひと時、体全体でゆっくりと邦楽のしらべを味わう機会となりました。同時に、脳裏に幼い頃過ごした故郷の太鼓や鉦の音が響く祭りの原風景もよみがえってきました。

テニスパーティー

11月4日(土)午後7時からSPRINGTON TENNIS CLUBを会場にして、ファンドレイジングの一環として「第36回フィラデルフィア日本語補習授業校 テニスパーティー」が開催されました。
40名程の参加者のみなさんは、和気あいあいの中疲れも見せずに、体と心の栄養、ストレス発散、親交も深めていただいたようです。同時に補習校に対して1563ドルを寄付いただきました。
今年で36回を数えるテニスパーティーです。本校は、補習校設立から45年、フレンズセントラルスクール移転して28年になります。テニスパーティーが、1年に2度開催された時期もあると聞いていますが、補習校の歴史とともにパーティーも続いており、多大なご支援を頂いて来ました。
パーティーを企画運営していただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

多読賞 『横 綱』 誕生のお知らせ

読書の「横綱」達成 おめでとう!

受賞の皆さんには、勇気・冒険・優しさ・思いやり等の豊かな心が一杯たまったと思います。「おめでとう!頑張ったね」の言葉を添えて多読への努力を称えるとともに賞詞をおくります。
・年中1
草地 唯葉②(Kusachi Yuiha)
吉川 朋花⑥(Yoshikawa Tomoka)
秋山 依麻②(Akiyama Emma)
・年中2
宇佐美 杏里彩②(Usami Alyssa)
井山 愛万③(Iyama Emma)
・年長1
廣瀬 孝親⑤(Hirose Takachika)
加藤 瑛麻⑤(Koto Ema)
ダンウッディ― 絵莉香①(Dunwoody Erika)
ウィロビー 輝月②(Willoughby Kazuki)
・年長2
大來 千紘①(Orai Chihiro)
スチュワート 瑠莉①(Stewart Ruri)
マンゴス 大志①(Mangos Taishi)
スドウ 快斗①(Sudo Kaito)
阿部 圭寿①(Abe Keiju)
セナ飛路①(Senat Hiro)
山田 晟央①(Yamada Sena)
藤木 綸①(Hujiki Lyn)
髙松 佳純②(Takamatsu Kasumi)
山口 幸桜②(Ymamaguchi Koharu)
・小1
ヒンチー 咲良①(Hinchey Sakura)
・小5
中村 美翔①(Nakamura Mito)
・小6
マントン ミア①(Manton Mia)
・継承2
ファウ ジョセフ③(Pfau Joseph)

お知らせコーナー

◆教員募集説明会
期日 平成29(2017)年11月18日(土) 10:00~11:30(授業見学10:00~、説明10:30~)
会場 幼稚部小1棟2階26番教室

◆年次寄付金の募集

補習校の年次寄付金の募集をさせて頂きます。出費多端の折とは存じますが、未来を担う子供達へのより良い教育のため、ぜひ皆様のご協力をお願い致します。なお、本校はIRScode501(c)3に基づき非営利活動団体の教育機関として州より認可されておりますので、ご寄付については、その年の確定税金申告時には、チャリティー控除として申告することができます。領収書を必要とされる方は、その旨を事務局までお知らせくださいます様、よろしくお願い致します。

1.ご寄付の使用目的
(1)教育施設及び教材の充実 (2)図書室蔵書等の充実
2.ご寄付募集対象者
JLSP保護者並びに関係者の個人を対象とさせて頂いております。
3.寄付金額
$10,$25,$50,$75,$100 またはその他額
4.ご寄付の方法
JLSP宛の小切手で、本補習授業校事務局までお願い致します。
5.ご寄付受付場所
受付場所は、授業日はFCS本館2階職員室です。また、事務所への郵送も受け付けております。事務所にご持参頂く場合は、
火曜日~金曜日の10:00~14:00でお願い致します。
6.お問い合わせ、事務所住所等
フィラデルフィア日本語補習授業校(Japanese Language School of Philadelphia)(JLSP)
1445 City Line Avenue Suite 3A,Wynnewood,PA 19096 E-mail:staff@jlsp.us TEL:(610)-642-1202
担当=サウル・マイラン

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です