補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

スマイル(日本語)

  • すまいる1号平成30(2018)5月5日 タイトルの通りいつも『スマイル』でいたい。 朝、夕の冷え込みは時より厳しく感じますが、確実に暖かくなってきていることを肌で感じる季節となりました。 さて、学校便り「スマイル」の発行につきましては、提供が1ヶ月遅れ、誠に申し訳ございません。これから週1回のペースでフィラデルフィア日本語補習授業校関連の様々な情報を提供できたらと考えますので、ご愛読の程どうぞよろしくお願いいたします。 挨拶が遅れましたが、私は、前河原校長先生の後任として4月7日の入学式の日から本補習授業校に勤務させていただいております工藤英治(くどうえいじ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。自己紹介は下記別欄にまとめましたのでご覧ください。 私が日本国内で小学校の校長をしていた時の学校便りはいつも『元気・笑顔』でしたので、とても親近感をもって『スマイル』作成に臨むことができています。とにかくスマイル(笑顔)はコミュニケーションの基本だと考えます。授業に向かう先生方にもどうぞ笑顔で子どもたちと向き合ってくださいと声掛けをしています。
  • 平成30年度(2018)年度学校行事予定 3/13現在 すまいる号外版   平成30(2018)年度学校行事 3/13現在 「平成30(2018)年度学校行事 3月13日現在版」をお知らせいたします。 なお、今後授業借用校および諸事情によって変更が予想されますのでご理解をお願いします。 印刷の場合用紙設定は「Ledgerサイズ」となっておりまます。
  • すまいる37号平成30(2018)3月10日 思いやり、優しさ、親切の心根を育む 思いやり、優しさ、親切の心根の部分は、人間らしい営みの中で、手間暇かけ手塩にかけて育まれるものです。だれも、どこも、そう簡単には教えてくれません。人間の子どもは見事に身近にいる人を手本にして育つと言われています。オオカミに育てられた子どもの話はご存知と思いますが、手本であった親代わりのオオカミの4つの足での移動を、赤ちゃんのはいはいの延長として見事に4つの足で移動しました。同じように、食事も犬食いですし、人間の言葉もありませんが見事な遠吠えをしました。このことは、人間には学習力の大きさや豊かさがあることを物語っているといえます。 もし、子どもたちに思いやり、優しさ、親切さなどの心根が育たなかったら、悲しく不幸なことですが、そのような人に巡り合えない環境のなかで育ったのかも分かりません。子どもにとっては不幸なことですが、子どもたちの身近にいる大人が、人間らしさを失っているのかもしれません。
  • すまいる36号平成30年(2018)年3月3日 少しずつ少しずつ私になっていく 『ひとはそれぞれ、はじめから「わたし」に生まれるのではなく、少しずつ少しずつ「わたし」になっていくものだろう。あるがままの「わたし」を受け入れ、さらに望ましい「あるがままのわたし」を創っていく。』 人の誕生、それは自分さがしの旅のはじまりです。 人生には楽しいこともあれば苦しくつらいこともあります。のっぴきならない試練にぶつかることもあるでしょう。そんなとき、友だちや先生、兄弟姉妹、家族の助けをかりながら、一つひとつ乗り越えて新しい「わたし」をつくっていくのでしょう。ときには挫折することもあるでしょう。それも現在進行形の「あるがままのわたし」として受け入れましょう。「わたし」を素直に認めると安心して生きられるような気がします。
  • すまいる35号平成30(2018)年2月24日 無駄ではなかった2カ月… 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で、羽生結弦選手が66年ぶりの2連覇を達成しました。 ショートプログラム冒頭の4回転を決めるまでは、期待よりも心配・不安の方が大きく、固唾をのんで演技を見つめていました。しかし、4回転を決めた瞬間、心配・不安は一気に吹っ飛び、金メダルの期待へと変わりました。確か11月のはじめの大会で右足首と膝を痛めたとの報道を聞き、ケガの場所が場所だけに、スケートファンだけでなく日本国民は、参加も危ぶまれるのではと大いに心配しました。 彼自身は私たち以上に失意の底にあったと想像できますが、オリンピックの場で復活の素晴らしい演技を見せてくれました。インタビューには「(連覇は)自分がいろんなものを犠牲にして頑張ってきたご褒美だと思ってるので、自分の人生のうちで誇れる結果を取れたので、誇りに思って、メダルの味をかみしめたいなと思ってます。」とありました。連覇には、筆舌に表しがたい戦いがあったことと思います。 誰かも言っています、「決して努力は裏切らないと…」