補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

スマイル(日本語)

  • スマイル31号 平成29(2017)年1月21日 大寒の頃 春まだ遠く、雪の知らせに気をもむ 大寒(だいかん、1月20日)の頃となりました。大寒は、冷え込みも激しく、寒さも最も厳しい頃で、ここを乗り切れば春近しという時期です。しかし、日本は大雪に見舞われており、春はまだまだ遠い感がしています。世界に目を向けると、昨年から米国南西部やインドの熱波、中国長江やタイ南部の大雨、ヨーロッパ中部からロシア西部の寒波と世界各国で異常気象が発生しています。これは、世界的な経済活動やエルニーニョ現象(海面平均水温の高い状況)・ラニーニャ現象(海面平均水温の低い状況)の影響と考えられています。 さて、本校にとっては、降雪・積雪は教育活動への大敵です。事実、年末から3回連続で雪の予報があり、実際2回はしっかりと降雪・積雪があり、当日の日程変更を余儀なくされました。皆さんに聞きますと、当地の雪はこれからが本番らしいで、こんなもんじゃないらしいです。 空を恨めしそうに眺めながら、春がとても待ち遠しい思いをしている今日この頃です。
  • スマイル30号 平成29(2017)年1月14日 左義長,どんと焼き,どんどん焼き お正月飾りや注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎とともに見送る意味があるとされる古式ゆかしい日本のお正月の伝統行事です。加えて故郷では、子どものいる各家庭では笹の付いた竹を赤紫緑黄などの短冊で飾り、14日の夜から15日の早朝にかけて町内各所で燃やします。 また、燃えた竹炭を各家庭に持ち帰り、その炭で火をおこし、小豆粥をつくり今年一年の無病息災を祈り食べます。皆さんのふるさとでは多種多彩のお正月行事やお正月遊びが行われていると思います。ご家庭でも、この時期にお子様にゆっくりと話しあげてください。
  • スマイル29号 2017年1月7日発行 あけましておめでとうございます! みなさんのそれぞれの1年が終わり、またあたらしい年が始まりました。 私たち人間は都合よくできていて、年の初めには「新しく充実した年にするぞ!」という新たな決意を誰しもが抱くことと思います。しかし、何もリセットする訳でもなく、過去のことを十分踏まえる必要があります。 「過去から学んだことを生かすこと」は、ただ懐かしがっていることからは生れません。決意や目標を「絵に描いた餅」にしないために、達成するための手段・方法を明確にすることです。要するに何を、どのように、どうすることが必要なのか、過去のどんな体験が役に立つのかを見つめて、しっかりと一歩一歩前を向いて、地道な努力の積み重ねをしてほしいと思います。きっとその先には、すばらしい未来が待っていますよ。
  • スマイル(笑顔)第28号 2016年12月17日 2学期が終了、頑張りに拍手! 本日で第2学期が終了いたしました。 当たり前のことですが、子どもたちは、平日の現地校の授業に加え、土曜日は補習校の授業でした。授業参加すら本当に大変だったと思います。みなさんに、「頑張りました!」の賛辞と「お疲れさまでした!」の労いの言葉を贈ります。 保護者の皆様には、家庭での学習支援、送迎、各部業務等でお力添えいただきありがとうございました。
  • スマイル 第27号 2016年12月10日 着実な前進のため 振り返りを・・・ あと2回で第2学期が終わります。現地校の授業を終え土曜日に補習校に登校して学んだ子どもたちに心より賞賛の言葉をおくります。また、送迎や家庭での支援でご協力をいただいた保護者の皆様へもお礼申し上げます。先週号でも書きましたが、振り返りは前進・成長するために、とても大切な手続きです。一日一日の生活や学習の取り組みを自己点検しましょう。大切なことは、歩みは緩やかかもしれませんが、着実に前に向かって進んでいくことです