補習校のイベント&お知らせ

ログインしていただくと、各授業日の全てのイベント&お知らせをご覧いただけます。

ようこそ補習校ウェブサイトへ!

本校は、開校三十余年、ベンシルベニア州及び連邦政府の認可を受けた、文部科学省認定の補習授業校です

ここ、ペンシルベニア州フィラデルフィアは、首都ワシントン、ニューヨークから、約100マイル(160Km)のところに位置する都市です。アメリカの独立 を語る舞台の歴史ある街で、500万人弱の人口をもつ、全米第五の都市です。建国に至るまでの米国の中心地であり、独立宣言のインディベデントハウス、自 由の鐘など歴史の香りがする古都です。

新渡戸稲造、野口英世、津田梅子等の近代日本社会確立の中核となった日本人を育んだ日本人ゆかりの地で一緒に学びましょう。

Welcome to JLSP web site!

The Japanese Language School of Philadelphia (JLSP), founded in 1972, is a not-for-profit 501-3(c) organization recognized by the State of Pennsylvania and partially funded by the Ministry of Education of the Japanese Government.

JLSP is governed by the Board of Trustees, administered by the Principal who is assigned by the Japanese government, and operated by a group of dedicated professional educators and parents.

If you or your children are interested in learning Japanese with us here at JLSP, please do not hesitate to contact us.

スマイル(日本語)

  • すまいる25号 平成31(2019)1月5日 平成31(2019)年 明けましておめでとうございます! 平成31(2019年)が始まりました。皆様、年末年始をいかがお過ごしでしたか。元日は暖かい穏やかな一日でしたね。新年が元日のように災害や紛争のない穏やかで明るい未来へつながる年となりますよう願うばかりです。さて、「凡事徹底」という言葉があります。平凡な当たり前だと思われることを一つ一つ徹底的に一生懸命に取り組むという意味です。何か特別なことをするのではなく日々の当たり前のことを継続してやることが自分の目標の達成や結果を出すことにつながります。「当たり前のことをする」のは簡単でもそれを徹底的に一生懸命、継続して取り組むことはとても難しいことです。だからこそ、結果を出すことにつながるのですね。一日として同じ時はない今日を大切に、今見えている当たり前の日々の暮らしの中で自分にできることを精一杯取り組むことが大切だと思います。そして、災害や事故等が続く中、「当たり前」の暮らしが続くことが実は「当たり前」ではないこと、「当たり前」であることのありがたさや大切さをいつも心に、自分にできることを一生懸命続けていきたいものです。皆様にとりまして2019年が笑顔あふれる輝く1年になりますよう心から祈念いたします。 本年も補習校教育活動へのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • すまいる24号 平成30(2018)12月15日 2018年はいかがでしたか?よい年をお迎えください! 早いもので今年も残すところあと16日となりました。月並みですが月日の経つのは本当に早いですね。年を重ねるにつれ、そう強く思うようになってきました。さて、皆様にとって今年はどんな年でしたか。お子様の成長やご家族の楽しい出来事、大変なこともあったかもしれません。年末になると日本では毎年恒例の“流行語大賞”が発表されます。その年多くの人々の話題にのぼった言葉を選ぶものです。今年の大賞は、平昌オリンピックでカーリング女子日本代表チームが試合中に交わした言葉「そだねー」でした。また、その年の世相を表す漢字一字を選ぶ「今年の漢字」も12月12日に京都の清水寺で発表されました。このように、この時期になると大きなニュースや出来事、「流行語」、「漢字」などで1年を振り返ることが多いのですが、今年は特別に1年というくくりではなく「平成」という一つの大きな時代を振り返る話題が多くなっています。平成の30年は大きな自然災害、原発事故、進む少子高齢化社会も大きな話題となりました。日本では2019年4月30日に「平成」という一つの時代が終わろうとしています。そして、翌5月1日から新年号へ移行し新しい時代が始まります。ちなみに2019年の干支(えと)は亥年(いのししどし)です。干支は日本だけのものではなく、世界には日本の十二支とは別の動物の十二支を使っている国があるそうです。2019年が紛争や災害のない穏やかで平和な一年となることを願うばかりです。皆様、今年一年間本補習校の教育活動へのご理解とご協力、ご支援誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。2019年もどうぞよろしくお願いいたします。 よいお年をお迎えください。
  • すまいる23号 平成30(2018)12月8日 様々な環境の変化に適応する力を育む! “異常気象”という言葉を最近よく聞きますね。“異常気象”とは「過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候」と定義されています。(気象庁) 冷夏や暖冬、猛暑、大型台風・ハリケーンの上陸や洪水の発生など地球規模で各国の異常気象とそれによる甚大な被害が報告されています。 今、日本はまさに“異常気象”の真っ只中。12月なのに各地で25℃以上の夏日を記録しています。この後一週間以内に気温は夏日から真冬へと急降下、積雪なども予想されています。アメリカでも猛暑や寒波、大型ハリケーン、洪水、高温や乾燥による森林火災などが頻発しています。異常気象は地球温暖化や環境問題などと密接な関係があるとされ、私たちの暮らしや健康、環境や産業などに深刻な影響をもたらしています。私たちの暮らしを守り、ひいてはこの地球を守るために私たちにできることを、少しずつでも行動に移さなければと思います。 日々の暮らしの中での大きな寒暖の差は、人々の体にも大きな負担をかけています。自律神経のバランスがくずれることでウィルスに感染しやすくなり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるそうです。まず、だるさや目まいなど疲れている時の症状が出ることが多いとのこと。この時期は特に十分な睡眠とバランスのとれた食事で体力の温存を図ることが必要という医師の話を毎日の暮らしに役立てたいと思います。
  • すまいる22号 平成30(2018)12月1日 早くも師走 一年の締めくくりをしっかりと! 先週は“Thanksgiving Day”休日が続きましたね。家族や親せきが集まり「食」や「健康」に感謝しみんなで食卓を囲む大切な祝日。皆様もいそがしくも楽しい休日を過ごされたのではないでしょうか。 私は、“Thanksgiving Day”のことは知っていましたが、“Black Friday”や“Cyber Monday”のことはこちらのTVニュースで初めて知りました。Black Fridayの映像を観ていると、日本の“初売り”の様子ととてもよく似ています。“初売り”は大晦日から年が明け新年の最初の店の営業日から始まるバーゲンセールのことです。 “初売り”では、通常の値段のものが半額以上安くなることも多く、たくさんの人が押し寄せますが、なんといっても人々のお目当ては“福袋”です。福袋の値段の数倍のものが中に入っているのでみんな初売りの前日から店頭に並び外で夜を明かします。福袋の中に何が入っているかわからないワクワク感と安売りのお得感はまるでその年の運勢を占うかのようです。Black Fridayから始まるクリスマス商戦とともにクリスマスを待ち、初売りで新年を迎え春を待つ・・・ともにそれぞれの国の文化や行事と結びつく大切な習慣となっているようですね。 さて、今日からいよいよ12月です。日本では「師走」(しわす)と言い、師=お坊さんがお経を唱えるために走り回る師走、年が果てるの意味から年果つ→としはつ→しはす→しわす などいろいろな説があるようです。 いずれにせよ、あっという間に年末を迎えそうですね。しっかりと一年の締めくくりができるよう計画を立て落ち着いて過ごしたいものです。寒さも厳しくなります。風邪等にも十分気を付けましょう。
  • すまいる21号 平成30(2018)11月17日 事務所がフレンズ校内へ移転 心新たに! ひと雨ごとに確かに冬へと向かっていることを感じる今日この頃、美しかった木々の葉もすっかり落葉してしまいました。さて、フィラデルフィア日本語補習授業校(JLSP)事務所は、11月19日(月)に21年間を過ごした現在の場所から移転いたします。事務所ではJLSPの全てを担う業務を平日3名の職員で行っています。 教育課程の編成、教材の手配、文部科学省や各種団体との連絡調整等業務は多岐に渡ります。パソコン関係や全学年の教材、これまでの関係書類の全てもこの事務所で保管しており、まさにここはJLSPの心臓部です。その大切な大荷物の移転先は、借用校であるフレンズ校の一室です。フレンズ校には多くの教材等は置くことができないため、授業日には事務所から荷物等を運びまた片付けておりましたが、これからは教材等の準備や配布物の印刷、突発的な出来事への対処などがよりスムーズにスピーディにできることが期待できます。 JLSPは今から46年前の1972年に開校いたしました。今のフレンズ校に移転したのは開校から17年後の1989年のことです。フレンズ校は日本の教育者である新渡戸稲造や津田梅子、細菌学者である野口英世ら多くの偉人たちが通っていた場所として知られていますが、日本とのすばらしい交流の歴史をもつフレンズ校を今日までの長い間借用できているのも多くの方々のご尽力とフレンズ校のご厚意のおかげです。 今回の事務所移転を機に、開校からこれまでお世話になった方々の熱い思いに応えるためにも、今一度原点に戻り心新たに教育活動に邁進してまいります。どうぞ新事務所へもお気軽にお立ち寄りください。